ニトリホールディングス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2兆4639億6800万 円
銘柄コード 9843(市場第一部(内国株))

ニトリホールディングスは東京都北区に本社をおく企業。
1967年に似鳥昭雄が似鳥家具店として創業。
1989年に札幌証券取引所、2002年に東証一部に上場。
2003年、100店舗・売上高1,000億円を達成。
2010年、持株会社化。
2017年、500店鋪・売上高5,500億円を達成。
家具の製造から販売までを自社グループで行い、日本・中国・台湾・アメリカで製品を展開している。

事業概要

ニトリグループは、株式会社ニトリホールディングスと連結子会社25社及び持分法適用会社1社によって構成され、家具・インテリア用品の販売を基幹事業としている。

株式会社ニトリホールディングスは持株会社であり、主な連結子会社としては、家具・インテリア用品の販売を行う株式会社ニトリ、株式会社ホームロジスティクス、株式会社ホーム・デコ、海外子会社各社などとなっている。持分法適用関連会社は、中古住宅の再生販売事業、不動産賃貸事業を行う株式会社カチタスである。

経営方針

ニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマン(志)を原点とし、ニトリグループの力を結集して長期ビジョンの実現に全力を尽くすことを企業活動の指針としている。

そのため、グローバルチェーンの確立により、世界のより多くの顧客に、品質が維持された商品を求めやすい価格で提供すること、並びに住空間をトータルコーディネートする楽しさを提案することを基本方針としている。

なお経営指標としては、より多くの顧客へ住まいの豊かさを届けるため、店舗網の充実を重要な指標と位置づけ、2022年までに国内と海外をあわせ店舗数1,000店舗を目指している。今後も、より利便性の高い店・サービスを提供する観点から、店舗網及びEコマースの最適化を図っていく方針だ。

経営戦略

ニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマンを実現するため、「2022年 1,000店舗、2032年 3,000店舗」の達成に向けた経営戦略を策定している。

国内においては人口構造の変化や暮らしに対するニーズの変化及びテクノロジーや商品・サービスの進化に対応すべく事業領域の拡大をはなる。また海外においては、グローバル事業強化プロジェクトをグローバル販売事業推進室へ進化させ、日本で培った仕組み・システム・人材育成等のノウハウのグローバル展開を強力に推し進めていく方針だ。

対処すべき課題

中長期ビジョンの達成に向けた取り組むべき課題として、「グループ成長軌道の確立と新たな挑戦」、「お客様の暮らしを豊かにする商品・店・サービスの提供」「グルーバルチェーンを支える組織と仕組み改革」を設定し、取り組みを行っている。

1つ目の「グループ成長軌道の確立と新たな挑戦」においては、国内一人事業は革新性を保ち事業成長を目指す一方で、中国を中心とする海外への事業展開や、より小商圏に対応したフォーマットの強化・BtoB事業の拡大、新規市場への挑戦など、あらたな収益の柱の育成に努めていくとしている。

2つ目の「お客様の暮らしを豊かにする商品・店・サービスの提供」においては、社会における技術革新や顧客の購買行動の変化を正しく捉え、徹底した顧客視点で商品・お店・サービスを見直すことで、新しい価値を提供し続ける。

3つ目の「グルーバルチェーンを支える組織と仕組み改革」においては、上記のような変革に向けて、基幹システム刷新やサプライチェーンの構築、部署横断的かつ専門的な課題に対応する組織へ変革と人材育成を進めていく方針である。