ネクソン 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2兆3710億9100万 円
銘柄コード 3659(市場第一部(内国株))

ネクソンは東京都中央区に本社をおく企業。
1994年に韓国で創業したNEXONが、2000年にソリッドネットワークス社と資本提携しネクソンジャパンとして日本で配信を開始。
2005年には同社へ親会社を移動、2009年より現在の商号となる。
2011年東証一部上場。
『メイプルストーリー』『アラド戦記』『マビノギ』などPCオンラインゲームを中心に100以上のタイトルを190以上の国と地域に配信。

事業の内容

ネクソングループは、事業持株会社である株式会社ネクソンと、連結子会社27社、及び関連会社13社で構成され、PCオンライン事業とモバイル事業を展開している。

PCオンライン事業部門では、主にPCオンラインゲームの制作・開発・配信を行っている。またオンライン事業に付随して、コンサルティング事業やゲーム内広告事業、マーチャンダイジング事業などの業務も行っている。

モバイル事業部門では、スマートフォン、タブレットなどの端末でプレイするモバイルゲームの開発と配信を、国内と海外で行っている。

PCオンラインゲームでネクソンが採用しているビジネスモデルは、自社配信モデル、ライセンス供与モデル、ライセンス配信モデルの3種類に区分できる。そして収益モデルとしては、ゲーム内の有料アイテム購入時に課金する「アイテム課金制度」を主に取り入れている。

経営方針と経営指標

新規ゲームタイトルにおいては、楽しく独創的で他のゲームと異なる高品質なゲームを提供すること、一方の既存ゲームタイトルにおいては、魅力的なコンテンツアップデートとユーザーを満足させるゲーム運用を通じて、長く継続的にゲームプレイを楽しんでもらうことを基本方針としている。

そのためにネクソンが重視している経営指標は売上収益と営業利益であり、これらを継続的に成長させることで、企業価値の向上を図っている。

経営戦略と経営環境

ゲーム市場では、技術の進化やユーザーの嗜好の変化のスピードがますます速くなるとともに、グローバル市場での競争環境がより激しくなることが予想される。

そこでネクソングループは世界最高のゲーム会社となるため、次の3つの強みを活かすことで、面白くて高品質なゲームを長期的に提供することを目指している。

1つ目の強みは、アジア市場での巨大な事業機会である。エンターテインメント業界においてアジアは米国・欧州と並ぶ巨大市場であり、アジアで人気IPシリーズを持つネクソンは大きな事業機会を有している。

2つ目の強みは、ロングランタイトルからの安定した収益の創出である。具体的には『アラド戦記』『メイプルストーリー』『マビノギ』などが10年以上もサービスを提供している。

そして3つ目の強みは、多様性に富む強力な新作ラインナップである。安定した収益基盤を元手に新作ラインナップを豊富に取り揃えていることで、ゲーム内で強固なコミュニティを構築し、将来の成長への貴重な選択肢を生み出すことに成功している。

対処すべき課題

ネクソングループでは将来にわたって成長を遂げるため、次の2つの事項を対処すべき課題として取り組んでいる。

1つ目は、主要タイトルから創出される安定的なキャッシュフローを再投資し、グローバル事業を成長させることである。ネクソングループは世界中に何億人ものファンを有し、世界的な大ヒット映画やゲームのシリーズを凌ぐ規模のゲームIP(知的財産)を複数保有している。

これらが生み出すキャッシュフローをさらなる成長へ向けて投資するため、「大規模なマルチプレーヤーオンラインゲームへの注力」「PC、コンソール及びモバイルなどあらゆるプラットフォーム上でのサービス提供」「自社IPの活用」「特別に価値のある新規IPへの投資」という4つの柱を設定し、成長戦略としている。

そして2つ目は、情報セキュリティの強化である。ネクソングループが提供するゲームは、情報システムを介してゲームデータやユーザーの個人情報を取り扱っている。そのため、外部からの不正アクセスや不正利用を防ぐ高度な情報システム基盤や、セキュリティ体制の強化が不可欠であり、さらなる情報セキュリティ体制全般の強化に取り組んでいる。