Intuitive Surgical, Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1246億6852万 ドル
銘柄コード ISRG(NASDAQ)

直感的な外科株式会社(直感的)デザインは、ダ・ヴィンチ手術システム、および関連機器やアクセサリーを製造・販売しています。当社のダ・ヴィンチ手術システムは、外科医のコンソール、患者側カートとビジョンシステムで構成されています。ダ・ヴィンチ手術システムは、小さな切開またはポートを通して患者の内部に位置楽器のミクロな動きに対応するには、コンソールで楽器のコントロール上で実行されている外科医の手の動きを、変換します。ダビンチ手術システムは、制御、運動の範囲、組織操作溶液および三次元(3-D)、高精細ビジョンとその動作外科医に提供します。これは、外科医が低侵襲手術の手順で有効に小さなポートを介して動作することができます。そのダ・ヴィンチ手術は、計算上のロボットとイメージング技術を利用しています。婦人科手術、泌尿器外科、一般外科、心臓胸部外科手術、および頭頸部外科:それは5外科手術の料理に焦点を当てています。


事業内容とビジネスモデル

事業内容

Intuitive Surgical, Inc.(インテュイティブサージカル)は、患者の負担が少ない治療(低侵襲治療)に革新をもたらす手術支援ロボット製造会社。「医療を必要とする人々が、できるだけ早く、そしてできるだけ良い状態に回復してほしい」という想いのもとで、医師や病院による治療が最善の結果を生み出せるよう、手術支援ロボットの製品群およびサービスを20年以上にわたって開発してきた。

Intuitiveが開発した代表的な手術支援ロボットである『ダビンチサージカルシステム』は、米国FDAの認証を受けた最初の手術支援ロボットのひとつであり、システムおよびそのテクノロジーは、現在、米国全50州および世界66カ国の医師に使用されている。2020年9月現在までに、ダビンチ手術の症例数は世界で約600万例、ダビンチ手術のトレーニングを修了した医師は約4万4千人にものぼっている。

製品・サービスの特徴

Intuitiveの目標は、医師や病院が患者の社会復帰をサポートし、患者とケアチームの経験を向上させ、患者の治療費を削減できるようにすることである。

これを実現するためには、手術やその他の急性期の治療を根本的に改善しなければならない。Intuitiveは、スマートなシステム、ロボット技術、高度な画像処理、および情報学を使用して、患者、外科医、病院のための価値を創造していく。

過去数十年の間に、手術や急性期の治療は大幅に改善されてきたが、治療の結果のばらつきを減らすという大きなニーズが依然として存在している。また、現在の医療環境は、ケアチームのスタッフである外科医、麻酔科医、看護師、その他のスタッフなどの専門家を含む重要なリソースに大きな負担をかけるものであり、日々その負担は増大している。

その一方で、政府は国民の医療ニーズをカバーするために、患者一人当たりの疾病治療にかかる総コストの削減を求めている。

こうした課題に直面するなかで、Intuitiveは、生物学、コンピュータ、画像処理、アルゴリズム、ロボット工学における進歩が、古くて難しい問題を解決するための新しい方法を提供するという考えのもと、手術支援ロボットを開発し続けてきた。

Intuitiveを代表する手術支援ロボットである『ダヴィンチシステム』を使用する外科医は、コンソールに座り、「3次元高精細画像(3DHD)」を見ながら手術を行う。コンソールに座っている間、外科医は、機械を使わないの同様の自然な方法で機器をコントロールすることができる。Intuitiveの技術は、外科医の手に固有の震えをフィルタリングしながら、人間の手首の動きに類似した動きの範囲を外科医に提供するように設計されている。

da Vinci Surgical Systems

Intuitiveは、第4世代の『ダヴィンチX』、『ダヴィンチXi』、『ダヴィンチSPサージカルシステム』、第3世代の『ダヴィンチSiサージカルシステム』、第2世代の『ダヴィンチSサージカルシステム』、第1世代の『ダヴィンチスタンダードサージカルシステム』の4つの世代の『ダヴィンチサージカルシステム』を商品化している。

このダヴィンチサージカルシステムは、以下のコンポーネントで構成されたものである。

サージカルコンソール

ダヴィンチ サージカル システムは、外科医は人間工学に基づいたコンソールに快適に座り、手術領域の3D画像を見ながら手術を行える。外科医の指はディスプレイの下にある器具のコントロールをつかんで操作を行う。

電子ハードウェア、ソフトウェア、アルゴリズム、メカニクスを使用して、Intuitiveの技術で、外科医のリアルタイムに微小な手の動きを、患者の体内に配置されたダヴィンチの器具のおゴキに正確に対応させるよう変換する。

現在のシステム(ダヴィンチX、ダヴィンチXi、ダヴィンチSi)では、2人目の外科医のコンソールを2つの方法で使用できるようになっている。その2つとは、手術中に執刀医をサポートする方法と、外科医や執刀医のトレーニングセッション中にアクティブエイドとして機能させる方法である。ダヴィンチX、ダヴィンチXi、ダヴィンチSiでは、2台目のコンソールに座っている外科医は、執刀医と同じ手術を見ることができ、手術中にダヴィンチの機器の一部または全部の制御を引き継ぐことができる。

患者側カート(Patient-Side Cart)

患者側のカートには、患者の体内で器具を操作する電気機械式のアームが搭載されている。カートに取り付けられた最大4本のアームは、必要に応じて配置され、所定の位置にロックすることができる。2つのアームは、1つは外科医の左手を表すものであり、1つは外科医の右手を表すものである。第3のアームは、内視鏡を位置を定め、外科医が容易に視野の移動、ズーム、回転させることを可能にする。第4のアームは、外科医が追加の作業を行うために第3の器具を追加することを可能にするためのものであり、手術能力を拡張する。第4のアームは、ダヴィンチX、Xi、およびSiサージカルシステムの標準的な統合機能である。

器具とカメラはすべて1本のカニューレから出てきて、狭い手術スペースで発生する可能性のある外部器具の衝突を回避することができる。

3D HD ビジョンシステム

Intuitiveのビジョンシステムには、高性能ビデオカメラと特殊な画像処理ハードウェアを介して2つの別々のカラーモニターにリンクされた2つの別々のビジョンチャンネルを備えた3D 内視鏡が使われている。3D HD画像は、高解像度、高コントラスト、低フリッカー、低クロスフェージングを実現したものである。3D HDビジョンシステムのデジタルズーム機能により、外科医は内視鏡の位置を調整することなく手術視野を拡大することができ、内視鏡と器具との干渉を軽減することができる。3D HDビジョンシステムは、ダヴィンチX、Xi、SP、Si、およびSサージカルシステムの標準的な統合機能である。

ダヴィンチのスキルシミュレータ

『Skills Simulator』は、ユーザーが自分のスキルを練習したり、外科医のコンソールコントロールに慣れ親しんだりするための練習ツールである。『Skills Simulator』は、3D物理学に基づいたコンピュータシミュレーション技術を取り入れており、仮想環境の中にユーザーを没入させることができる。

ユーザーは、外科医のコンソールから仮想の機器を操作して、環境をナビゲートし、演習を完了させることができる。演習が終了すると、スキルシミュレータは、タスク固有の様々な指標に基づいて、ユーザーのパフォーマンスを定量的に評価することも可能である。


2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年2月7日)