Guidewire Software, Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 95億4283万6000 ドル
銘柄コード GWRE(NYSE)

ガイドワイアソフトウェア株式会社は、損害保険(P&C)保険会社のためのソフトウェア製品のプロバイダーです。当社のソフトウェアは、P&C保険会社のための技術プラットフォームとして機能します。コアトランザクション処理、データ管理、分析、およびデジタルエンゲージメント:当社のInsurancePlatformは、3つの要素で構成されています。当社は、グローバルな保険会社から国家のキャリアに地域のキャリアに及ぶグローバルP&C保険会社の範囲にその製品を販売しています。当社のコアトランザクション処理は、ガイドワイヤInsuranceSuite、ガイドワイヤPolicyCenter、ガイドワイヤClaimCenter、ガイドワイヤBillingCenterとInsuranceSuiteアドオンモジュールが含まれています。当社のデータ管理および分析は、ガイドワイヤDataHubは、ガイドワイヤ情報センター、ガイドワイヤライブやガイドワイヤの予測分析が含まれています。当社のデジタル・エンゲージメントは、ガイドワイヤデジタルポータルが含まれています。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Guidewire Software Inc.は、米国カリフォルニア州サンマテオを拠点とする、損害保険業界向けのソフトウェアプラットフォーム企業である。

Guidewireは、2001年に主要事業を開始した。Guidewireは、損害保険会社に、保険商品の定義、販売、引受、契約者サービス、保険金請求管理など、保険のライフサイクル全体をサポートするプラットフォームを提供している。世界35カ国に、400以上の保険ブランドを擁する340社以上の顧客がいる(2020年7月31日時点)。

事業内容

Guidewireのアプリケーションは、保険契約者、代理店、ベンダーパートナー、現場担当者のためのデジタルセールス、オムニチャネルサービス、クレーム管理を可能にする。Guidewireのプラットフォームは、コアオペレーション、デジタルエンゲージメント、アナリティクス、人工知能(AI)アプリケーションを組み合わせたもので、クラウドサービスまたは自己管理型ソフトウェアとして提供される。

Guidewireは、クラウドで提供する製品をサブスクリプションサービスで販売し、自己管理型製品を期間限定ライセンスで販売している。Guidewireのプラットフォームは、世界中の損害保険会社をサポートするために、様々な国際的な規制、言語、通貨環境で使用できるようローカライズされている。

サブスクリプションサービスは、一般的に3年〜5年の初期期間で販売され、期間終了後にオプションで年間更新を開始する。期間限定ライセンスは、主に当初2年間の契約期間で販売され、期間終了後にオプションで年間更新が開始される。Guidewireの収益のごく一部は永久ライセンスから得ている。

製品・サービス

主力製品

Guidewireの主力製品は、『Guidewire InsuranceSuite』と『Guidewire InsuranceNow』である。

Guidewire Cloud『InsuranceSuite』は、『PolicyCenter』『BillingCenter』『ClaimCenter』の3つのアプリケーションで構成され、個別または統合してSaaSで提供されている。Guidewire Cloud『InsuranceSuite』は、社内のクラウド運用チームが管理している。

『Guidewire PolicyCenter』は、柔軟な保険契約管理アプリケーションであり、保険契約のライフサイクル全体をサポートする。

『Guidewire BillingCenter』は、請求のライフサイクルを自動化し、多種多様な請求・支払プランの設計を可能にし、代理店手数料を管理し、外部の支払システムとの統合を可能にする。

『Guidewire ClaimCenter』は、中核となるクレーム機能を提供するエンドツーエンドの完全なクレーム管理ソリューションである。

これらの主要アプリケーションには、スマートな意思決定を促進する予測分析、デジタルエンゲージメント、パートナーや保険会社のエコシステムも含まれている。

『Guidewire InsuranceNow』は、テクノロジーリソースが限られている米国の損害保険会社向けのクラウドベースのプラットフォームで、保険契約、請求、クレーム管理の機能を提供している。

補完アプリケーション

Guidewireは、主要製品とシームレスに連携するように設計された、いくつかの補完的なアプリケーションを提供している。

『Guidewire Rating Management』は、損害保険会社が保険商品の価格設定を管理することを可能にする。

『Guidewire Reinsurance Management』は、損害保険会社がルールベースのロジックを使用して、引受とクレーム管理を通じて再保険戦略を実行することを可能にする。

『Guidewire Client Data Management 』は、損害保険会社が顧客情報をより一貫して活用できるよう支援する。

『Guidewire Product Content Management』は、ソフトウェアツールと標準ベースの業務用テンプレートを提供し、保険会社が製品構成やメンテナンスの手間を削減することで、製品の導入や変更をより迅速に行えるようにする。

『Guidewire Underwriting Management』は、保険料の増加と引受の改善による利益を促進するために設計されたクラウドベースの統合ビジネスアプリケーションである。通常、『Guidewire PolicyCenter』と一緒に販売されているが、他の保険契約管理システムとも連携して機能する。

デジタルエンゲージメント・アプリケーション

Guidewireのデジタルエンゲージメント・アプリケーションは、保険会社が選択したデバイスを通じて、顧客、代理店、ベンダー、現場担当者にデジタル体験を提供する。保険会社とのビジネスプロセスを自動化して顧客サービスと生産性を向上させようとしている代理店やブローカーにもメリットをもたらす。総合的な体験を提供するために、デジタルアプリケーションは『InsuranceSuite』と統合されている。

『Guidewire for Salesforce』は、保険会社の代理店やサービス担当者向けに、GuidewireのコアシステムをSalesforceに統合し、保険契約や保険金請求に関する顧客情報を提供する。

アナリティクスと人工知能を活用して保険会社が隠れた機会を発見し、より収益性の高いビジネスを行うことを可能にする様々なアプリケーションを提供している。

『Guidewire Predictive Analytics』は、保険会社が保険のライフサイクル全体を通じてより良いビジネス成果を提供できるようにするクラウドネイティブアプリケーションのセットである。複数のデータセットから構築された予測モデルを構築し、コアプラットフォームで予測的洞察を運用する。

『Guidewire Risk Insights』は、保険会社が新たに進化するリスクを評価することを可能にするクラウドアプリケーションのセットである。「データリスニング」と呼ばれるプロセスを通じて、パブリック、オープンソース、サードパーティの様々なソースからデータを収集し、リスクの損失と確率を定量化する。

『Guidewire Business Intelligence』は、保険会社が一貫して正確に業績を測定できるようにするクラウドアプリケーションのセットである。保険金請求、引受、営業、サービスの各チームが連携し、情報に基づいた意思決定を行うことができる。また、同業他社のベンチマークとの比較により、損害保険業界の業績測定に関するコンテキストを提供する。

『Guidewire DataHub』は、保険会社のシステムのパッチワークや外部ソースからのデータを一元化・標準化・保存する運用データストアである。これにより、保険会社はレガシーシステムのリプレースを加速させることができる。

『Guidewire InfoCenter』は、損害保険会社向けのビジネスインテリジェンス・ウェアハウスであり、ビジネスインテリジェンス、分析、意思決定の強化のための情報を使いやすい形式で提供する。これにより、保険会社は柔軟な運用上の洞察力と、ビジネスを最適化する能力を得ることができる。

経営戦略

Guidewireは、システムインテグレーション(SI)、コンサルティング、テクノロジー、業界のパートナーと幅広い関係を築いている。

Guidewireは、サードパーティSIパートナーのネットワークと緊密に連携して、Guidewireの自己管理型製品とサブスクリプションサービスの両方の新規販売と導入を促進している。大手SIパートナーとのパートナーシップにより、顧客の導入コストを削減しながら、効率性と規模を拡大することができる。

Guidewireは、「PartnerConnect」アライアンスプログラムを通じて、ソフトウェアおよび保険ビジネスソリューションを開発しているパートナーのコミュニティを有している。これらのパートナーが開発したリソースは、Guidewireによって検証され、「Ready for Guidewire」ブランドを付与されている。

『Guidewire Marketplace』では、保険会社が「PartnerConnect」パートナーやGuidewire製品・サービスチームから、Guidewireプラットフォームを補完する信頼できる「Ready for Guidewire」アプリケーションやコンテンツを入手することができる。これらの統合により、顧客は導入のリスクと労力を軽減し、運用の総コストを削減することができる。2020年7月31日時点で、140以上のパートナーが開発したインテグレーションと数百の開発リソースをダウンロードすることができる。


参照 FORM 10-K(提出日:2020年9月25日)