エフティグループ【2763】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

379億1400万円

エフティグループ【2763】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

379億1400万円

沿革

2001年8月 株式会社エフティコミュニケーションズに商号変更
2003年3月 日本証券業協会に店頭登録
2003年10月 株式会社アイエフネットを岩崎通信機株式会社と合弁で設立
2004年12月 ジャスダック証券取引所に上場
2007年2月 株式会社ジャパンTSSにて情報通信機器の施工、保守、サポートの事業を開始株式会社IPネットサービス(現 株式会社NEXT)を連結子会社化
2007年10月 株式会社サンデックスを設立
2007年12月 株式の公開買付によりハイブリッド・サービス株式会社を連結子会社化
2008年3月 株式会社SCS(現 株式会社TRUST)を連結子会社化
2009年3月 本社を東京都中央区(蛎殻町)へ移転
2011年1月 エフティグループにてLED照明の製造受託・販売を開始し、環境関連事業に本格参入
2011年5月 株式会社アントレプレナーの株式を追加取得し、連結子会社化
2013年6月 株式会社光通信の連結子会社となる
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年7月 ハイブリッド・サービス株式会社の株式を公開買付けにより株式会社SAMホールディングスへ売却し、同社及びその連結子会社を連結対象から除外
2013年11月 株式会社アレクソンならびに株式会社グロースブレイブジャパン(現 株式会社エフティ中四国)を連結子会社化
2013年12月 株式会社ニューテックを連結子会社化、ならびに株式会社ViewPointを設立
2014年5月 タイ王国にFT Communications(Thailand)Co.,Ltd.(現 RECOMM BUSINESS SOLUTION((THAILAND)CO.,LTD.)を設立
2015年8月 株式会社エフティグループに商号変更し、持株会社へ移行エフティグループの東日本地区におけるソリューション事業を株式会社エフティコミュニケーションズに、エフティグループの西日本地区におけるソリューション事業を新設した株式会社エフティコミュニケーションズウエストに、それぞれ承継させる新設分割を実施
2015年9月 フィリピン共和国にFTGroup(Philippines),Inc.を設立
2016年4月 連結子会社である株式会社アイエフネットの環境事業を株式会社大和環境設備(現 株式会社エフティエコソリューション)に承継させる新設分割を実施
2016年8月 連結子会社である株式会社エフティコミュニケーションズの北日本地区におけるソリューション事業を株式会社エフティ北日本に、東北地区におけるソリューション事業を株式会社エフティ東北に、それぞれ承継させる新設分割を実施連結子会社である株式会社エフティコミュニケーションズウエストの東海地区におけるソリューション事業を株式会社エフティ東海に、九州地区におけるソリューション事業を株式会社エフティ九州に、それぞれ承継させる新設分割を実施
2016年9月 エコテクソリューション株式会社を連結子会社化
2016年10月 株式会社アローズコーポレーションを連結子会社化
2016年12月 インドネシア共和国進出を目的としてP.T.Memory-Tech Indonesia(現 PT FT Group Indonesia)を子会社化
2017年4月 非連結子会社である株式会社エフエネにて「エフエネでんき」のサービス開始
2018年6月 監査等委員会設置会社へ移行
2019年5月 タイ王国・フィリピン共和国・インドネシア共和国の連結子会社4社のエフティグループが保有する株式をレカム株式会社へ売却し、同社を連結対象から除外