コカコーラ・カンパニー 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2461億7676万5000 ドル
銘柄コード KO(NYSE)

コカ・コーラは米国アトランタに本社を置く世界的に有名な飲料企業。1886年に薬剤師のジョン・ペンバートン氏によって発明され、1889年にAsa Griggs Candler氏がコーラの権利を取得、1892年にコカ・コーラ・カンパニーを設立。1972年にニューヨーク証券取引所に上場。現在は「コカ・コーラ」ブランド以外にも500以上のノンアルコール飲料製品を200カ国以上で販売している。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

The Coca-Cola Company(ザ・コカ・コーラ・カンパニー)は米国アトランタに本社を置く世界的な飲料企業。1886年、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士がシロップと炭酸水を調合した『コカ・コーラ』を発明し、1891年にビジネスマンのAsa Griggs Candler(エイサ・ G・キャンドラー)氏がコカ・コーラ製造販売事業の権利を合計約2,300ドルで買い取った。キャンドラー氏が1892年にザ・コカ・コーラ・カンパニーを設立して初代社長に就任。1919年9月にデラウェア州法に基づき法人化された。『コカ・コーラ』は米国のみならず世界各地で愛される飲料ブランドに成長し、1972年にニューヨーク証券取引所に上場。

事業内容

The Coca-Cola Company(ザ・コカ・コーラ・カンパニー)は、世界を代表する飲料メーカー。『コカ・コーラ』ブランド以外にも500以上のノンアルコール飲料ブランドを所有またはライセンスを供与しており、200カ国以上で販売している。

The Coca-Cola Companyの従業員はCosta Limitedの買収によって2019年には8万人を超え、うち約1万人が米国に住む人々である。

商品・サービス・ブランド

The Coca-Cola Companyは、世界トップ5のノンアルコール飲料ブランドのうち『コカコーラ』『ダイエットコーク』『ファンタ』『スプライト』という4つのブランドを所有している。The Coca-Cola Companyのブランドは、スパークリングソフトドリンク、水、強化水、スポーツドリンク、ジュース、乳製品、植物性飲料、紅茶、コーヒー、エナジードリンクなどのカテゴリーに分類されているが、1886年から米国で販売されているThe Coca-Cola Companyの商標を冠した飲料製品は、200以上の国と地域で販売されている。

The Coca-Cola Companyは、独立したボトリングパートナー、販売業者、卸売業者、小売業者、およびThe Coca-Cola Companyが所有または管理するボトリング・流通事業のネットワークを通じ、また、世界最大のノンアルコール飲料流通システムを通じて、世界中の消費者にThe Coca-Cola Companyブランドの飲料製品を提供している。The Coca-Cola Companyが所有する、またはThe Coca-Cola Companyにライセンスされた商標を使用した飲料は、世界中で毎日消費される全飲料約610億食のうち20億食を占めている。

The Coca-Cola Companyの成功は、消費者の要望、ニーズ、ライフスタイルに合わせた多様な飲料オプションを提供することで、消費者とのつながりを築くことができるかどうかにかかっている。さらに、The Coca-Cola Companyの成功は、社員が日々効果的にそれを実行できたかどうかにかかっている。

The Coca-Cola Companyの目標は、規律あるポートフォリオの成長、整然としたボトリングシステム、ステークホルダーとの勝利を中心とした成長戦略を実行することであり、これらはすべて、収益成長管理とブランド構築の取り組みによって支えられているものである。

売上構成

The Coca-Cola Companyは、地理的事業セグメント(「Europe, Middle East & Africa」「Latin America」「North America」「Asia Pacific」)および「Global Ventures(グローバル・ベンチャーズ事業)」「Bottling Investments(ボトリング投資事業)」で構成される。

また、コーポレート部門は「戦略的イニシアチブ、ポリシー、ガバナンスセンター」、主要な取引プロセスの簡素化と標準化、および「グローバル・センター・オブ・エクセレンス」を通じた事業部門へのサポートに重点を置いた「イネーブリング・サービス組織」で構成されている。

地理的事業セグメント

地理的事業セグメントは、収益の大部分を飲料用濃縮物やシロップの製造・販売、場合によっては完成品飲料の販売から得ている。地域区分は、「Europe, Middle East & Africa」「Latin America」「North America」「Asia Pacific」の4エリアで管理されている。

Global Ventures(グローバル・ベンチャーズ事業)

「Global Ventures(グローバル・ベンチャーズ事業)」には、Costa社、innocent社、Doğadan社の業績、およびThe Coca-Cola CompanyとMonster Beverage社との間で結ばれた流通調整契約に基づくフィーが含まれる。

Bottling Investments(ボトリング投資事業)

「Bottling Investments(ボトリング投資事業)」は、ボトラーの所在地にかかわらず、The Coca-Cola Companyが所有するボトリング事業または連結子会社のボトリング事業で構成されている。ボトリング投資事業セグメントには、持分法投資からの持分利益も含まれている。ボトリング事業は、その収益の大部分を完成品飲料の販売から得ている。

ビジネスモデル

The Coca-Cola Companyは、「Concentrate business(濃縮液事業)」および「Finished product business(完成品事業)」の製造・販売を行っている。濃縮液事業では「Beverage concentrates(飲料用濃縮液)」、「Beverage bases(飲料ベース)」、ファウンテンシロップを含むシロップを取り扱う。完成品事業は保有ブランドを冠したスパークリング清涼飲料やその他のノンアルコール飲料を対象とする。

Concentrate business(濃縮液事業)

濃縮液事業では、通常、濃縮液、シロップ、および特定の完成飲料を認可されたボトリング事業者「Bottlers(ボトラー)」または「Bottling partners(ボトリングパートナー)」に販売することにより、純営業収益を得ている。

The Coca-Cola Companyのボトリングパートナーは、濃縮物と甘味料、静止水または炭酸水を組み合わせたり、シロップと静止水または炭酸水を組み合わせたりして、完成飲料を製造している。完成した飲料は、The Coca-Cola Companyの商標またはThe Coca-Cola Companyにライセンスを付与された商標が入った缶、詰め替え可能なガラス瓶やプラスチックボトルなどの認可された容器に包装され、小売店に直接、または場合によっては卸売業者や他のボトラーを通じて一般消費者い販売される。

また、米国外では、The Coca-Cola Companyのボトリングパートナーは通常、The Coca-Cola Companyの濃縮液を使用したファウンテンシロップの製造を許可されており、これを小売店に販売している。小売店はシロップを用いて一般消費者に販売する飲料を製造する。

濃縮液事業は、地理的事業セグメントの各地域および「 Global Ventures(グローバル・ベンチャーズ事業)」に含まれている。

Finished product business(完成品事業)

完成品事業については、発泡性清涼飲料水や、水、強化水、スポーツドリンク、ジュース、乳製品、植物性飲料、お茶、コーヒー、エナジードリンクなどの各種完成品の非アルコール飲料を、小売業者、または小売業者に販売する流通業者や卸売業者に販売することで収益をあげている。一般的に、完成品事業は濃縮液事業に比べて、純営業収益は高くなるが、売上総利益率は低くなる。

流通その他

濃縮液事業および完成品事業は主に、The Coca-Cola Companyが所有または管理するボトリング、販売、流通事業によって世界各地で取引先・販売先へ届けられており、流通事業は「Bottling Investments(ボトリング投資事業)」に含まれる。

一部の市場では、ボトリングパートナーではない流通業者や卸売業者に完成品飲料を販売する非ボトリング完成品事業も行っている。これらの事業は通常、当社の地理的事業セグメントまたはグローバルベンチャーズ事業セグメントのいずれかに含まれています。

競争力の源泉

The Coca-Cola Companyは、多数の特許、著作権、営業秘密、その他のノウハウや技術を保有しており、これらは総称してThe Coca-Cola Companyでは「技術」と呼ばれている。「技術」は一般的に、飲料製品とその製造プロセス、パッケージと包装材料、Coca-Colaの事業に有用なプロセスと機器の設計と操作、および特定のソフトウェアに関連したものである。技術の一部は、サプライヤーなどにライセンス供与されている。The Coca-Cola Companyのスパークリング飲料およびその他の飲料処方は重要な営業秘密の一つである。

The Coca-Cola Companyは多数の商標を所有している。さらに、The Coca-Cola Companyは、ボトラーとの契約に基づき、The Coca-Cola Companyのボトラーが製品の製造、販売、流通に関連して、該当するCoca-Colaの商標を使用することを許可している。さらに、Coca-Colaは第三者に対し、特定の商品や食品に関連してThe Coca-Cola Companyの商標を使用するためのライセンスを随時付与している。

The Coca-Cola Companyでは、全世界のボトラー各社に原液を供給するほか、世界中の市場のトレンドの把握および消費者・購買者の分析を通じて製品開発やマーケティング戦略の策定を行い、その実行をリードしている。グローバルな品質基準の徹底、生産プロセスの技術開発や新製品導入時の生産技術支援、需給プランニング、製品の学術的アドバイスを担い、ボトラー社が高品質で安全・安心な製品を効率的に生産するための支援を積極的に行っている。システム各社との強いパートナーシップのもと事業活動における取り組みを推進し、生産の効率化、徹底した消費者志向、市場への迅速な対応、顧客サービスの強化、厳格な品質管理など、The Coca-Cola Company全体の最適化を図り、ビジネスのさらなる成長を目指している。


2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年2月24日)