世界の飲料メーカー「コカコーラ」決算から分かるビジネスモデルと事業戦略

世界の飲料メーカー「コカコーラ」決算から分かるビジネスモデルと事業戦略

決算まとめ 関連資料

世界有数の飲料メーカー「コカコーラ(The Coca-Cola Company)」の2020年2Q決算についてカバーします。

4-6月の売上推移をみると、2012年ごろをピークに売上規模は下がり続けています。昨年は久々に12%の増収となりましたが、今期はCOVID-19拡大による影響で再び減収に。

足元の売上高は71億5,000万ドル(前年比28%減)、営業利益は19億8,100万ドル(同34%減)となりました。

売上規模が大きく縮小している一方で、依然として力強いのは収益性の高さです。コカコーラ社は、ここ数年で事業モデルの転換を戦略的に推し進めてきました。

今回は、その「転換戦略」についておさらいした上で、足元の決算報告についてチェックしていきたいと思います。

世界規模での販売を実現する「コカコーラ・システム」

コカコーラ社の戦略について理解する前に、まずは同社のビジネスモデルについて確認しておきましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン