オリンパス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2兆9104億5200万 円
銘柄コード 7733(市場第一部(内国株))

オリンパス株式会社は東京都新宿区に本社をおく光学総合メーカー。1919年に山下長により、顕微鏡の国産化を目指して「高千穂製作所」として発足。初代社長には川上謙三郎が就任。1920年、600倍顕微鏡「旭号」を発売。1921年には商標オリンパスを登録。1934年には創業者の山下長が社長となり、写真レンズ「ズイコー」の開発とともにカメラ事業に進出。1936年にはカメラ「セミオリンパスI」を発表。