ヤマハ発動機【7272】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

9581億9500万円

ヤマハ発動機【7272】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

9581億9500万円

沿革

1955年7月 日本楽器製造株式会社(現 ヤマハ株式会社)より分離独立し、静岡県浜松市においてヤマハ発動機㈱として発足、分離以前より製造していた二輪車を継続生産販売
1960年4月 ヤマハモーターパワープロダクツ㈱(連結子会社)の前身の㈱昌和製作所に資本参加
1960年7月 ボート、船外機の販売を開始
1961年9月 東京証券取引所第一部に新規上場
1965年5月 漁船の販売を開始
1966年2月 トヨタ2000GTの受託生産を開始
1966年3月 日本楽器製造株式会社(現 ヤマハ株式会社)新居工場のボート生産業務を生産設備と共に譲り受けヤマハ発動機新居工場としてボートの生産を開始
1966年10月 静岡県磐田市に二輪車生産工場として磐田工場完成
1968年4月 和船の販売を開始
1968年7月 スノーモビルの販売を開始
1968年10月 Yamaha Motor Europe N.V.(連結子会社)を設立
1969年8月 汎用エンジンの販売を開始
1970年11月 Yamaha Motor do Brasil Ltda.(連結子会社)を設立
1972年2月 静岡県磐田市に本社を移転
1973年6月 発電機の販売を開始
1974年3月 プールの販売を開始
1974年7月 PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(連結子会社)を設立
1975年4月 ゴルフカーの販売を開始
1977年1月 Yamaha Motor Corporation, U.S.A.(連結子会社)を設立
1978年9月 ヤマハモーターエレクトロニクス㈱(連結子会社)の前身の森山工業㈱に資本参加
1978年10月 除雪機の販売を開始
1984年2月 四輪バギーの販売を開始
1984年2月 産業用ロボットの販売を開始
1986年10月 Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America(連結子会社)を設立
1986年11月 ウォータービークルの販売を開始
1986年12月 台湾山葉機車工業股份有限公司(連結子会社)を設立
1987年1月 サーフェスマウンターの販売を開始
1989年12月 産業用無人ヘリコプターの販売を開始
1993年11月 電動アシスト自転車の販売を開始
1996年10月 電動車いすの販売を開始
1998年1月 Yamaha Motor Vietnam Co., Ltd.(連結子会社)を設立
1998年7月 静岡県磐田市にコミュニケーションプラザを開設
2000年3月 トヨタ自動車株式会社との業務提携を強化
2001年6月 Thai Yamaha Motor Co., Ltd.(連結子会社)を子会社化
2004年6月 決算期を3月31日から12月31日に変更
2006年5月 静岡県袋井市のグローバルパーツセンターが稼動開始
2006年12月 財団法人(現 公益財団法人)ヤマハ発動機スポーツ振興財団を設立
2007年1月 1998年4月に1社へ統合した国内販売会社から、二輪車を中心としたランドビークル製品の販売を継承し、ヤマハ発動機販売㈱(連結子会社)が事業活動を開始
2007年5月 Yamaha Motor Philippines, Inc.(連結子会社)を設立
2008年3月 India Yamaha Motor Pvt. Ltd.(2007年10月設立:連結子会社)がYamaha Motor India Pvt. Ltd.(連結子会社)から営業譲渡を受け、4月より操業を開始
2008年6月 ヤマハマリン㈱(2009年1月吸収合併)袋井工場(現 ヤマハ発動機袋井南工場)が稼動開始
2013年8月 レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークルの販売を開始
2017年2月 静岡県磐田市にヤマハモーター イノベーションセンターを開設
2017年2月 静岡県浜松市北区に浜松IM事業所(現 浜松ロボティクス事業所)を開所
2018年6月 神奈川県横浜市港北区にヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)を開設
2019年6月 新規株式取得により㈱新川(現 ヤマハロボティクスホールディングス㈱(連結子会社))及びその子会社アピックヤマダ㈱並びにそれらの子会社19社、関連会社3社をグループ会社化
2020年4月 ヤマハモーターロボティクスホールディングス㈱(2021年1月に商号をヤマハロボティクスホールディングス㈱に変更(連結子会社))を完全子会社化