ファーストロジック 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 86億5800万 円
銘柄コード 6037(市場第一部(内国株))

株式会社ファーストロジックは東京丸の内に本社をおく企業。2006年、収益物件・不動産投資のマッチングサイト「不動産投資の楽待」を公開。2010年楽待システムに関する国内特許を取得。2011年には「不動産投資の楽待」会員数が10,000名を突破。2013年には楽待システムに関する米国特許を取得。2015年東証マザーズ上場。2015年にはYahoo! JAPANと業務提携を行い、「大家さんの味方」を公開、「不動産投資の楽待」会員数は60,000名を突破。2016年東証一部に指定。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

株式会社ファーストロジック(FIRSTLOGIC,INC.)は、東京都千代田区に本社を置く、不動産投資のマッチングサイト『楽待』を提供している企業。ファーストロジックは2005年8月に坂口直大氏が創業した。創業の翌2006年3月には、不動産投資のポータルサイト『楽待』のサービスを開始する。2008年3月には住宅用不動産のポータルサイト『楽待』のサービスを開始した。2015年2月、東京証券取引所マザーズに株式を上場する。さらに2015年7月にには『大家さんの味方』サービスの開始した。

事業の内容

ファーストロジックは、インターネット上にて、不動産投資のポータルサイト『楽待』を運営している。不動産ポータルサイトは、不動産の利用目的によって、「賃貸用不動産」「住宅用不動産」「投資用不動産」 の大きく3つに区分されるが、ファーストロジックは「投資用不動産」に特化したポータルサイトを運営している。

「投資用不動産」とは、自身が居住するのではなく、第三者に賃貸することにより、家賃収入を得る目的で投資される不動産の総称だ。『楽待』は、主として個人の不動産投資家層を対象とした、マンション、アパート及び戸建住宅等の収益不動産にかかる物件情報等を提供している。

ファーストロジックの事業は、投資用不動産の物件情報、リフォーム会社情報等(以下、投資用不動産関連情報)を希望する会員と不動産会社及びリフォーム会社等(以下、不動産会社等)のマッチング機能を提供するサービスだ。『楽待』は誰でも利用可能となっているが、『楽待』にて会員登録を行った利用者には、毎日メールマガジン等を通じた投資用不動産関連情報や不動産投資に関する情報を提供している。

メールマガジン等では、ファーストロジック制作の特集コラムに加えて現役の不動産投資家による成功体験や失敗体験が綴られた実践大家コラムや、不動産投資に関するニュースを配信している。 なお、会員登録は無料で行うことができる。 一方、顧客である不動産会社等に対しては、『楽待』を通じた見込客獲得及び販売促進等のための効率的なツー ル・サービスを提供しており、これらがファーストロジックの主たる収益となっている。ファーストロジックの収益源である主たるサービスは「物件掲載サービス」や「提案サービス」などが挙げられる。

物件掲載サービス

物件掲載サービスは、不動産会社が『楽待』に売却を希望する物件情報を掲載し、不動産投資家からの問合せ獲得を支援するサービスだ。会員は、『楽待』にて購入希望物件を検索し、不動産会社に直接問合わせすることが可能となる。また、対象物件の選定に際しては、都道府県、物件種別、価格の下限・上限、表面利回り等から検索できる他、住所、沿線、フリー ワードからも検索可能としている。ファーストロジックは、不動産会社より 掲載物件数に応じた掲載料を受領している。

提案サービス

提案サービスは、会員が登録した購入希望物件の情報(購入価額、表面利回り、築年月等)に基づき、 不動産会社が購入希望を有する特定の会員に『楽待』経由でメールにて不動産物件の紹介(提案)を行うことが出来るサービスだ。会員は希望条件を登録するのみで、自分が希望する物件(非公開物件を含む)の紹介を受けられる。また、不動産会社は、会員の購入意欲が可視化された情報として提供されるとともに、会員の回答状況一覧を確認することができる。そのため、不動産会社は対象を絞った効率的な販促活動が可能となる。

会員は本人証明書や収入証明書を提出することにより、不動産会社への信頼度が高まり、より多くの提案を受ける可能性が高まる。ファーストロジックは、不動産会社より提案数等に応じたサービス対価を受領している。

広告掲載サービス

広告掲載サービス は、『楽待』上のバナー広告やメールマガジン広告等の広告枠やセミナー案内を、不動産会社や不動産管理会社、金融機関等に対して直接販売し、広告収入を獲得している。

一括見積サービス

リフォーム会社等へ業務委託を希望する会員が、見積依頼できるサービスだ。リフォーム会社等は、見積依頼を通じて依頼者である会員から業務委託契約の獲得が期待できるものであり、ファーストロジックはリフォーム会社等より見積依頼件数に応じたサービス対価を受領している。

査定サービス

保有不動産物件の売却を希望する会員が、不動産会社に査定を依頼できるサービスだ。不動産会社は、査定を通じて依頼者である会員から買取物件情報の入手や媒介契約の獲得が期待できるものであり、ファーストロジックは不動産会社より査定依頼件数に応じたサービス対価を受領している。

その他

各サービスの初期設定料が含まれている。

経営戦略

ファーストロジックは、「公正な不動産投資市場」の創造を目指している。そのためには、不動産投資ポータルサイト『楽待』の成長が必要不可欠であり『楽待』への物件掲載数及び不動産・リフォーム会社等の利用社数の増加に加えてサイト訪問者数の増加を図ることが必須であると考えている。

優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

ファーストロジックは優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題として、「継続的な成長」などについて認識している。

継続的な成長について

ファーストロジックは不動産投資ポータルサイト『楽待』の成長が、事業発展に必要不可欠であり、『楽待』への物件及びリフォーム会社等の掲載数の増加とサイト訪問者数の増加を図ることが必須であると考えている。今後もファーストロジックサイト内のコンテンツ及びサービスの充実による利便性向上、掲載物件情報の拡充及び健全なサイト運営等を強化し、不動産投資家及び不動産会社・リフォーム会社等に必要なサイトを目指していく。


2020年7月期 有価証券報告書(提出日:2020年10月23日)