高田機工の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 60億5300万 円
銘柄コード 5923(市場第一部(内国株))

高田機工株式会社は大阪市浪速区および東京日本橋に本社をおく企業。1921年に高田三次郎が個人営業で土木用機械・工具の販売及び鉄骨橋梁の製作を開始。1932年株式会社高田鉄骨橋梁製作所を設立。1962年大証二部、1993年大証一部、東証一部に上場。幹線自動車道の整備、都市高速道路の建設、海上連絡橋などの大規模プロジェクトなどに取り組む橋梁事業や高層建築やドームなどの大型建造物の鉄骨工事を施工。


1921年6月 故高田三次郎が個人営業で土木用機械・工具の販売(大阪市北区中之島7丁目)及び鉄骨橋梁の製作(大阪市港区福町2丁目)を開始する
1924年5月 法人組織に改組、商号を「合名会社高田兄弟商会」とする
1932年3月 製造部門を分離、大阪市港区福町2丁目に「株式会社高田鉄骨橋梁製作所」を設立
1935年11月 「合名会社高田兄弟商会」と「株式会社高田鉄骨橋梁製作所」を合併、社名を「高田商事株式会社」とし、本社を大阪市北区中之島6丁目におく
1938年5月 大阪市西成区津守町西6丁目に工場を移転(津守工場)、生産の拡充をはかる
1939年10月 社名を「高田機工株式会社」に変更
1942年6月 陸軍当局の要請により上陸用舟艇の製造を行い、後に陸・海軍の管理工場の指定をうける
1944年10月 本社を大阪市西成区津守町西6丁目に移転、東京出張所(現在東京本社)を開設
1949年4月 企業再建整備法に基づく整備計画認可
1949年9月 建設業法の施行にともない大阪府知事(い)第0011号として登録
1951年1月 建設大臣(イ)第2181号として登録
1953年4月 広島営業所を開設
1955年4月 福岡営業所を開設
1962年6月 大阪証券取引所市場第2部に上場
1964年3月 岸和田工場一期工事完成、操業開始
1966年7月 水門の営業活動開始
1968年3月 橋梁、鉄構の大型化に対処するため岸和田工場の設備増強
1970年4月 名古屋営業所を開設
1971年5月 生研トラスの営業活動開始
1972年10月 仙台営業所を開設
1974年12月 本社を大阪市浪速区敷津町2丁目(松川ビル)に移転
1976年1月 企業合理化の一環として岸和田工場に生産の集中化をはかる
1993年3月 和歌山県海草郡下津町に和歌山工場を新設
1993年4月 岸和田工場から和歌山工場へ全面移転
1993年9月 大阪証券取引所市場第1部に指定
1993年12月 東京証券取引所市場第1部に上場
1996年10月 高田エンジニアリング株式会社を設立
1997年2月 ISO9001認証取得(JQA-1579)
1997年4月 技術研究所を設立
1997年4月 東京支店を改称し、東京本社を開設
2002年7月 和歌山営業所を開設
2003年10月 本社を大阪市浪速区難波中2丁目(パークスタワー)に移転
2004年4月 静岡営業所を開設
2007年1月 水門事業を廃業
2009年3月 高田エンジニアリング株式会社を解散
2017年5月 沖縄営業所を開設
2018年5月 群馬営業所を開設
2019年1月 ISO14001認証取得(JQA-EM7489)