三機工業の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 835億2600万 円
銘柄コード 1961(市場第一部(内国株))

三機工業株式会社は、東京都中央区に本社をおく企業。1925年、旧三井物産株式会社機会部を母体として従業員12名とともに創立。建築設備事業、プラント設備事業、不動産事業及び技術研究を主な事業とする。ビル空調設備事業では防災設備や厨房設備、原子力関連施設など、産業空調事業では半導体・FPD製造設備、医薬・食品製造設備、環境制御設備、冷凍・冷蔵設備などを扱う。


1949年10月 建設業法による建設大臣登録(イ)第348号の登録を行う。(以後2年ごとに登録更新)
1950年9月 東京証券取引所に上場。
1957年7月 大阪証券取引所に上場。
1960年7月 富士三機鋼管株式会社に鋼管部門の営業を譲渡。
1961年8月 名古屋証券取引所に上場。
1971年7月 熱供給事業子会社苫小牧熱サービス株式会社を設立。(現・非連結子会社)
1972年9月 不動産管理子会社株式会社サンエーデベロッパーを設立。(東和興産株式会社を経て、2008年4月1日付で三機工業株式会社に吸収合併。)
1973年12月 三井軽金属加工株式会社に窓枠部門の営業を譲渡。
1974年6月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-49)第4310号の許可を受ける。(以後3年ごとに許可更新)
1974年9月 建築設備子会社株式会社三機加工センターを設立。(三機食品設備株式会社を経て、2010年4月1日付で三機工業株式会社に吸収合併。)
1974年10月 建設大臣許可(般-49)第4310号の許可を受ける。
1980年4月 建築設備子会社株式会社三機空調センター及び株式会社三機電設センターを設立。(東京総合設備株式会社を経て、現・連結子会社、三機テクノサポート株式会社)
1980年5月 機械システム子会社株式会社三機産設センターを設立。(現・連結子会社、三機産業設備株式会社)
1980年9月 環境システム子会社株式会社三機環設センターを設立。(現・連結子会社、三機化工建設株式会社)
1982年6月 神奈川県大和市に技術研究所を建設。
1985年4月 東和興産株式会社が神奈川県大和市の三機工業株式会社保有地に賃貸用建物を建設。
1985年10月 建築設備子会社関西総合設備株式会社を設立。
1988年4月 建築設備子会社九州総合設備株式会社を設立。
1990年6月 環境システム子会社サンキ環境サービス株式会社を設立。(現・連結子会社、三機環境サービス株式会社)
1994年5月 東和興産株式会社が保険・リース業会社三真産業株式会社(現・連結子会社、親友サービス株式会社を経て、2017年4月1日付で商号を三機パートナーズ株式会社に変更。)の株式を取得。
1995年6月 建設大臣許可(特、般-7)第4310号の許可(更新)を受ける。(以後5年ごとに許可更新)
2004年4月 コンサルティング事業会社上海三机工程諮詢有限公司を中国・上海に設立。
2005年4月 建築設備子会社三機アイティサービス株式会社を設立。
2005年7月 建築設備子会社三机建筑工程(上海)有限公司を中国・上海に設立。(現・連結子会社)
2005年10月 東京都中央区日本橋室町に本店移転。
2006年9月 オーストリアの散気装置製造・販売会社AQUACONSULT Anlagenbau GmbH(環境システム子会社)の経営権を取得。(現・連結子会社)
2008年4月 三機工業株式会社が東和興産株式会社を吸収合併。
2008年6月 建築設備子会社THAI SANKI ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.,LTD.をタイ・バンコクに設立。(現・連結子会社)
2010年4月 三機工業株式会社が三機食品設備株式会社を吸収合併。
2010年8月 大阪証券取引所、名古屋証券取引所の上場を廃止。
2011年10月 東京都中央区明石町に本店移転。
2012年11月 三机建筑工程(上海)有限公司が上海三机工程諮詢有限公司を吸収合併。
2018年10月 神奈川県大和市に総合研修・研究施設三機テクノセンターを建設。
2019年9月 神奈川県大和市に建設した機械システム事業の主力生産拠点「大和プロダクトセンター」を本格稼働。