積水ハウス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1兆5864億1200万 円
銘柄コード 1928(市場第一部(内国株))

積水ハウス株式会社は、大阪市北区に本社をおく住宅建築企業。昭和35年に積水化学工業株式会社にハウス事業部を設置したのがはじまり。企業理念は「人間愛」「真実・信頼」「最高の品質と技術」「人間性豊かな住まいと環境の創造」。戸建て住宅、分譲戸建て・マンション、土地活用と賃貸経営を主な事業とするほか、医療施設や介護施設、リフォームも扱う。賃貸住宅の部屋を探すサイト「シャーメゾン.com」を運営。


事業内容とビジネスモデル

略史

1960年に積水化学工業(株)ハウス事業部を母体に設立された。

10年後の1970年には東京・大阪両証券取引所市場第2部に上場。1972年には名古屋証券取引所市場第1部への上場。 2019年度現在では約2.4兆円もの売上高を誇り、ダイワハウスに次いで業界2位の事業規模を誇る大企業となった。

事業内容

積水ハウスの主力事業は、建築や土木等、各種工事の請負および施工である。

特に力を入れているのが「戸建て・賃貸住宅の施工」で、累積建築戸数はおよそ243万戸と世界一を誇る。

また、長年培ってきた建築のノウハウを活かした「リフォーム事業」「不動産仲介」といったストック型のビジネスにも注力している。 これら請負型ビジネスとストック型ビジネスの2つでおよそ66%の売上高を占めており、同社の収益源である主力事業と言える。

この他、積水ハウスでは都市の再開発やエクステリア事業、コンサルティング事業なども行っている。 近年はイギリス市場への本格的な参入や、研究所・他業種との提携を発表するなど、既存住宅メーカーの枠組みを超えたプロジェクトを次々と発表している。

市場シェア

積水化学工業の公式発表によると、住宅業界(リフォーム等を含む)の市場規模は約45兆円にのぼる。売上高を基に単純に計算すると、積水ハウスの市場シェアは約5.3%ということになる。