事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

LVMH Moët Hennessy Louis Vuittonは、フランス・パリを本拠とする世界最大のファッションコングロマリット。

LVMHは、1987年にLouis VuittonとMoët Hennessyの2社が合併して設立された。LVMHは、「ワイン・スピリッツ」、「ファッション・レザー製品」、「化粧品・香水」、「時計・宝石」、「セレクティブ・リテーリング」、「その他の活動」の6つのセグメントで事業展開している。

2019年のビジネスグループの収益内訳は、ワイン・スピリッツ10%、ファッション・レザー製品41%、化粧品・香水13%、時計・宝石8%、セレクティブ・リテーリングとその他の活動28%となっている。

LVMHは、世界70カ国に4,915店舗を展開している(2019年12月31日時点)。2019年の地域別収益内訳は、フランス9%、ヨーロッパ(フランスを除く)19%、アメリカ24%、日本7%、アジア(日本を除く)30%、その他11%となっている。

LVMHは2019年に、持続可能でエシカルなファッションへの取り組みのため、Stella McCartneyと新しいパートナーシップを結んだ。

LVMHは2019年11月、米国のジュエリーメゾン『Tiffany』の買収計画を発表した。取引は2020年半ばに完了する予定である。

事業内容

LVMHは、75の名門メゾンで構成される6つのビジネスセグメントで事業展開している。それぞれのメゾンでは、独自の職人技、慎重に保存された遺産、そして現代とのダイナミックな関わりを具現化する製品を生み出している。

ワイン・スピリッツ

LVMHは、シャンパーニュ、ボルドー、その他の非常に有名なワイン生産地域に拠点を置く、ユニークなメゾンのグループに、プレミアムワインとスピリッツの生産を負っている。

LVMHが所有するすべてのブドウ園は、2017年以来持続可能なブドウ栽培認証を取得している。メゾンはブドウの供給者が、これらの認証に準拠するのを支援することで、ワイン生産者とのパートナーシップを築いている。また、生産能力の開発にも積極的に取り組んでいる。

『Hennessy』をはじめとする好調な成長を記録したコニャックは、世界をリードするプレミアムスピリッツブランドとなった。『Hennessy』は主要市場である米国、中国、旅行小売業での堅調な売上を達成している。

2019年に『Dom Pérignon』は、新しい『Plénitude 2 1998 vintage』の発売や、レニー・クラヴィッツとの芸術的なコラボレーション『Vintage 2008』と『Rosé 2006』を発表した。最も訪問者の多いシャンパンメゾンとして、手話を特別に訓練されたガイドを雇用することによって、寛大さとコミュニティの伝統を提示した。

『Hennessy』は持続可能なワイン栽培のパイオニアとして、2019年にブドウの供給業者が同じ基準を採用するのを支援するプログラムを導入した。このプログラムは、すべてのサプライヤーが2025年までにコニャック環境認証を取得し、2028年までに除草剤ゼロに徐々に移行することを目的としている。『Hennessy』は、コニャックの持続可能なワイン栽培基準に関する終日トレーニングセッションを提供することでサプライヤーをサポートしている。

ファッション・レザー製品

グループは、『Louis Vuitton』、『Christian Dior』、『CELINE』、『LOEWE』、『KENZO』、『GIVENCHY』、『FENDI』、『MARC JACOBS』、『RIMOWA』などのブランドで構成されている。

世界中での『Louis Vuitton』のリーダーシップ、毎年成功を収めている卓越したブランドのコレクションの開発、そして若手デザイナーへの積極的なサポートにより、LVMHはファッション・レザー製品業界における重要なプレーヤーとなっている。

1854年の創業以来、『Louis Vuitton』の成功は、独自のトランク作りの専門知識を完璧に実行し、流通を完全にコントロールして、卓越した創造的な自由の上に築かれてきた。

2019年にロサンゼルスで開催された「Louis Vuitton X」展では、メゾンの数々の芸術的なコラボレーションが披露され、eスポーツ分野では「リーグ・オブ・レジェンド世界選手権」との前例のないパートナーシップが結ばれた。

『Christian Dior』のロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館での展示会には、60万人近くが来場した。

2019年の終わりには、財団の建築家フランク・ゲーリーがデザインした幻想的なガラス構造を持つLouis Vuitton Maisonが、2019年に韓国ソウルにオープンした。この建物には、店舗と新しいEspace Louis Vuittonがあり、アルベルト・ジャコメッティの特別な8作品セットを備えた展示会が開催された。

LVMHは、常に若手デザイナーや新進気鋭の才能を支援することに力を注いでいる。若手ファッションデザイナーのための「LVMH Prize for Young Fashion Designers」は、このために創設された。

化粧品・香水

世界的に有名なフランスのブランドポートフォリオである『Christian Dior』、『GUERLAIN』、『GIVENCHY』、『KENZO』を擁する。そのほか、『Benefit』、『Fresh』、『Perfumes Loewe』、『Fenty Beauty by Rihanna』、『Marc Jacobs Beauty』などの美容ブランドも所有している

LVMHは、香水、メイクアップ、スキンケアセクターの主要プレーヤーであり、世界的に有名な確立された名前のポートフォリオと、将来性のある若いブランドを擁している。フラッグシップラインの成長と大胆な新製品は、卓越性、創造性、革新性、ブランドイメージの管理により推進されている。

アジアでの需要の急増と若い世代の間でのメイクアップとスキンケアの人気により、世界の香水と化粧品市場の製品サイクルはますます短くなっている。フランスのコスメティックバレーの中心にあるLVMHのヘリオスR&D施設の研究者は、メゾンがこれらの要件を満たすのを支援する上で重要な役割を果たしている。

2019年には、『Parfums Christian Dior』、『Fresh』、『Fenty Beauty by Rihanna』 、『Acqua di Parma』が急成長を遂げた。『GUERLAIN』は「Bee Respect」を公開し、誰もがこのデジタルプラットフォームを参照して、製品の原材料、サプライヤー、製造拠点、輸送に関連したカーボンフットプリント、販売時点までの足跡などを知ることができるようになった。

時計・宝石

業界で最も象徴的なブランドの一部である『Bvlgari』、『Chaumet』、『Fred』、『TAG Heuer』、『Hublot』、『Zenith』などを擁する。

『TAG Heuer』による最初の高級スマートウォッチに示されているように、LVMHは大胆さと卓越性を組み合わせたイノべーションで新しい地平を絶えず探求している。専門知識を活用することは重要な優先事項であり、製造プロセスを最適化し、相乗効果を実装している。

また、『Fenty Beauty by Rihanna』の成功に示されているように、新しいモデルをゼロから構築する方法も知っている。このInstagramで前例のないフォロワーを集めたアプローチのように、ターゲットオーディエンスとのブランド認知度を高め、ソーシャルメディアでのプレゼンスを高めることも戦略的に重要である。

このビジネスグループは、小売ネットワークの品質と生産性、オンライン販売の開発に重点を置いている。メゾンは小売パートナーとの共同作業を継続し、選択的なプレゼンスと強化された商業的影響を確保している。『TAG HEUER』のブランドアンバサダーチームとF1チャンピオンシップの契約は、ターゲット顧客のブランド認知度を高めるのに非常に役立った。

セレクティブ・リテーリング

グループは、セレクティブビューティ小売店の『Sephora』、独特の雰囲気を持つパリの高級百貨店『Le Bon Marché』、旅行小売業者『DFS』と 『Starboard Cruise Services』で構成されている。

『Sephora』は、50年以上にわたり新しい店内サービスを開発し、独自のブランドや製品を追加することで美容業界に新風をもたらしてきた。このブランドは、店内ショッピングとオンラインショッピングの長所を組み合わせて、パーソナライズされた購入プロセスを提供する美容体験を設計した。

『Sephora』は、特にアジアと中東で市場シェアを獲得し続けており、オンライン販売は世界中で急速に成長した。その流通ネットワークは、100以上の新しい店舗と、ドバイモール、ニューヨークのタイムズスクエア、パリのラデファンスの旗艦店の改装によって成長を続けている。

米国にある『Sephora』のすべての店舗と配送センターとサンフランシスコの本社は、2019年の秋から、100%グリーンエネルギーを利用している。

旅行小売業の『DFS』は、アジアと米国での主要なプレゼンスに加えて、2016年にヴェネツィアに、2020年にパリに最初のヨーロッパの拠点を開設した。

『Le Bon Marché』では、引き続き独占権を開拓し、2019年にはパーソナライズされたショッピングサービスのための「プライベートアパートメント」をオープンした。

その他活動

その他の活動グループには、フランスを代表するビジネスと文化で構成される新聞出版社『Les Echos』、高級ヨットを『Feadship』ブランドで販売しているRoyal Van Lentを擁する。優れたホテルのコレクションを開発している『Cheval Blanc』や、2019年に買収した高級ホテル『Belmond』も含まれる。

研究開発

『Dior』の研究者は、皮膚とその細胞の重要なメカニズムを研究している。フランスのサン ジャン ド ブレイにあるイノべーションセンターであるヘリオスでは、『Dior』の研究者が3,000を超える原材料のパレットを使用し、これまで以上に画期的な原材料を発見している。

ヘリオスとディオールのアジアにある3つのイノべーションセンター(東京、上海、ソウル)は、アメリカのスタンフォード、イギリスのブラッドフォード、フランスのキュリー研究所など、この分野で世界で最も権威のある大学と緊密に連携している。

2019年に『Dior』は、ノーベル医学賞を共同受賞した山中伸弥教授が率いる、京都大学iPS細胞研究所「CiRA」と独占的な研究提携を結んだ。「CiRA」が国際的な化粧品メーカーと提携するのは初めてのことである。

1992年に始まった先駆的な環境政策の開始以来、LVMHは活動の影響を制限し、メゾンの生活に欠かせない自然の生態系や景観を保護するために絶えず努力してきた。『Louis Vuitton』のグローバルロジスティクス業務の見直しから、『Veuve Clicquot』と『Ruinart』向けに設計された画期的なパッケージングまで、すべての事業ラインで環境パフォーマンスの明確な改善を実現した。

Annual Report 2019