ホクリヨウ【1384】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

58億7100万円

ホクリヨウ【1384】 歴史

市場

スタンダード(内国株式)

時価総額

58億7100万円

沿革

1949年5月 北海道小樽市に北海道糧食株式会社を設立、飼料販売及び乾麺の製造販売を開始
1956年8月 乾麺事業から撤退
1963年4月 札幌市にブロイラー及び食肉販売の専門会社として、株式会社大丸札幌大屋商店を設立
1964年9月 札幌郡広島村に北海道糧食株式会社の畜産部門として広島畜産センターを建設(現札幌農場)し本格的な養鶏事業をスタート
1972年1月 飼料部門をニップン飼料株式会社に営業譲渡し飼料販売事業から撤退
1972年2月 北海道糧食株式会社を株式会社ホクリヨウと商号変更、畜産物の生産販売の専門会社として再スタート
1977年7月 余市郡赤井川村に肉豚生産の赤井川畜産センターを建設、養豚事業をスタート
1980年5月 登別市の登別養鶏の資産を取得、株式会社登別養鶏ファームを設立(平成8年9月株式会社登別ポートリーに商号変更、現登別農場)
1981年6月 北見市の東養鶏の資産を取得、株式会社東養鶏場を設立(平成8年9月株式会社北見ポートリーに商号変更、現北見農場)
1982年5月 苫前郡羽幌町の養豚場エス・ピー・エフ畜産センターの資産を取得、株式会社北海道エス・ピー・エフ畜産センターを設立
1986年5月 河東郡音更町の養鶏場諌山飼料店の資産を取得、株式会社十勝ポートリーを設立(現十勝農場)
1987年7月 勇払郡早来町に若めす育成専用の株式会社北海道若めすを設立(現早来農場)
1988年4月 養豚部門の赤井川畜産センターを分社化し、株式会社ホクリヨウ赤井川畜産センターを設立
2004年3月 販売部門を集約すべくホクリヨウ畜産株式会社を株式会社ホクリヨウに合併。生産部門を集約すべく株式会社登別ポートリーを母体として、株式会社北見ポートリー、株式会社十勝ポートリー、株式会社北海道若めす、株式会社ホクリヨウ赤井川畜産センター、株式会社北海道エス・ピー・エフ畜産センターを合併し株式会社ホクリヨウ生産とする
2004年4月 株式会社ホクリヨウの生産部門を株式会社ホクリヨウ生産へ譲渡
2008年9月 株式会社ホクリヨウ生産を株式会社ホクリヨウに合併
2009年2月 株式会社千歳ポートリーを設立
2009年9月 株式会社住吉たまごの営業権を取得
2010年3月 株式会社北海道中央牧場を設立し養豚生産部門を分離
2010年4月 株式会社北海道中央牧場をエスフーズ株式会社へ売却し養豚事業から撤退
2010年9月 株式会社白樺ファームの成鶏部門の資産を取得(現千歳成鶏農場)
2011年3月 株式会社千歳ポートリーを合併
2011年7月 株式会社白樺ファームの育成部門の資産を取得(現千歳育成農場)
2013年2月 株式会社サークル商事の営業権を取得
2013年12月 資本金1,000千円増資し、300,750千円へ
2014年4月 日本配合飼料株式会社から本州での養鶏事業の展開を目的として株式会社第一ポートリーファームの全株式を取得し連結子会社化
2015年2月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場、資本金577,325千円
2015年3月 第三者割当増資330千株の実施で、資本金647,532千円
2016年2月 東京証券取引所市場第一部に指定変更
2016年6月 公募増資1,000千株の実施で、資本金1,055,000千円