三菱ケミカルホールディングス【4188】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1兆3289億9800万円

三菱ケミカルホールディングス【4188】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1兆3289億9800万円

沿革

2007年3月 三菱化学㈱が三菱樹脂㈱の株式を公開買付けにより追加取得
2007年9月 三菱化学㈱が保有する三菱樹脂㈱の株式のすべてを株式の現物配当の方法により取得
2007年10月 三菱樹脂㈱との株式交換により同社を三菱ケミカルホールディングスの完全子会社化
2007年10月 三菱ウェルファーマ㈱が田辺製薬㈱と合併し、新たに連結上場子会社である田辺三菱製薬㈱が発足
2008年4月 三菱化学㈱が、その保有する三菱化学ポリエステルフィルム㈱、三菱化学産資㈱及び三菱化学エムケーブイ㈱の株式のすべてを三菱ケミカルホールディングスに、また、機能材料事業を三菱樹脂㈱にそれぞれ吸収分割により移管し、三菱樹脂㈱が、三菱化学ポリエステルフィルム㈱、三菱化学産資㈱及び三菱化学エムケーブイ㈱と合併し、統合新会社として発足
2009年4月 三菱ケミカルホールディングスの全額直接出資子会社である㈱地球快適化インスティテュートを設立
2010年3月 三菱レイヨン㈱の株式を公開買付けにより取得し、同社を連結子会社化
2010年10月 三菱レイヨン㈱との株式交換により同社を完全子会社化
2010年11月 三菱ケミカルホールディングスの全額直接出資子会社である三菱ケミカルホールディングスアメリカ社を設立
2011年1月 三菱ケミカルホールディングスの全額直接出資子会社である三菱化学控股管理(北京)社を設立
2012年11月 三菱ケミカルホールディングスの全額直接出資子会社である三菱ケミカルホールディングスヨーロッパ社を設立
2014年4月 三菱ケミカルホールディングスグループのヘルスケアソリューション事業を統合し、同事業を担う新たな事業会社として㈱生命科学インスティテュートを発足
2014年11月 大陽日酸㈱の株式を公開買付けにより取得し、同社を連結子会社化
2017年4月 三菱化学㈱、三菱樹脂㈱及び三菱レイヨン㈱の3社を合併により統合し、三菱ケミカル㈱を発足
2020年3月 田辺三菱製薬㈱の株式を公開買付け及び売渡請求により取得し、同社を完全子会社化