2022年06月21日
ホンダ、700億円で中国にEV新工場 24年に2拠点稼働
842qlryczjdslnezumq5ua
Strainer

ホンダは中国の南部にある広東省広州市で、EV(電気自動車)の新工場の建設を始めた。34.9億元(約700億円)を投じ、2024年の稼働を目指す。湖北省武漢市でも建設しており、2つの工場を中国のEV生産の基幹拠点とする計画だ。

どんな工場?

四輪車を生産・販売するホンダの中国合弁会社「広汽本田汽車」が広州市でEVの生産体制を構築する。敷地面積は40万㎡。2024年に年間12万台を生産できる状態にする。

画像名 新工場のイメージ=ホンダ

新工場では太陽光発電など再生可能エネルギーを積極的に活用する。「高効率、スマート、低炭素なEV工場を目指す」(ホンダ)としている。

企業戦略

ホンダは4月、中国初のEVブランドとして「e:NS1(イーエヌエスワン)」を発売した。2027年までにシリーズで10種類のEVをそろえる方針だ。

画像名 中国で発売した新型EV「e:NS1」=ホンダ

このほかホンダの中国合弁会社「東風本田汽車」も、湖北省武漢市で年12万台のEVを生産できる工場の建設を進めている。両工場が2024年に稼働することで、中国でのホンダの四輪車の生産能力は年173万台まで高まる見通し。