IDaaS「Okta」決算:NTTデータ導入などで力強い成長を続ける

IDaaS「Okta」決算:NTTデータ導入などで力強い成長を続ける

決算まとめ 関連資料

IDaaSとして代表的な存在である「Okta」が4Q決算を発表しました。

直近の四半期売上は1.67億ドル。少しずつ成長率は緩やかになっているものの、前年比+45%と高成長を続けています。

4Qの営業損失は△4,470万ドルと赤字が続いています。年間では売上5.86億ドル(前年比+47%)、営業損失△1.86億ドル。

損益上は赤字のOktaですが、2020年4Qのフリーキャッシュフロー・マージン(売上に対するFCFの比率)は10.8%と、確かなキャッシュ創出力を実現しています。

足元の好調を牽引する要因は何なのか、決算報告の内容を整理してみましょう。

顧客数は7,950社、うち大口が1,467社

まずは足元の事業数値について確認しましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン