【2016年2月期】良品計画の業績内訳

2016年2月期の良品計画の営業収益は3075億円、経常利益は327億円。

事業セグメントは「国内事業」「東アジア地域事業」「欧米地域事業」「西南アジア・オセアニア地域事業」「その他」から構成される。


連結従業員数の内訳は以下の通り。

5653名のうち、半数を超える3009人が東アジア地域事業に従事。国内事業は1381名で全体の24%ほど。


販売実績をセグメントごとに示すと、次の通り。

売上高3072億円のうち、国内事業が1982億円を売り上げ、全体の64.5%を占める。その他、東アジア地域は832億円(27%)、欧米地域が170億円(5.5%)、西南アジア・オセアニア地域が88億円(2.9%)の売上。

さらに、東アジア地域の内訳も入れると、次のようになる。

中国で499億円(16.2%)、香港で139億円(4.5%)、台湾で133億円(4.3%)、韓国で60億円(2%)の売上。


商品別の売上構成。

生活雑貨が1621億円(52.8%)、衣服・雑貨が1165億円(37.9%)、食品が185億円(6%)の売上。


最後に、セグメント別の利益を見てみよう。

170億円を国内、173億円を東アジア地域で稼いでいる。国内よりも東アジア地域の方が大きな利益を稼いでいるということか。