【2016年3月期】カプコンの業績

カプコンは「ロックマン」「逆転裁判」「ストリートファイター」「バイオハザード」「モンスターハンター」シリーズなどで知られるゲーム企業。2016年3月期の売上高は770億円、経常利益113億円。

事業セグメントとその概要は次の通り。

デジタルコンテンツ事業

家庭用ゲーム、オンラインゲーム、モバイルコンテンツの開発・販売

アミューズメント施設事業

ゲーム機を設置した店舗の運営

アミューズメント機器事業

店舗運営業者に販売する業務用機器や遊技機などの開発・製造・販売

その他

キャラクター関連のライセンス事業、不動産の賃貸事業


連結従業員数の内訳

連結従業員2839人のうち、2258人(79.5%)がデジタルコンテンツ事業、131人(4.6%)がアミューズメント施設事業、222人(7.8%)がアミューズメント機器事業に従事。


セグメント別売上高

カプコンの売上高770億円のうち、デジタルコンテンツ事業が526億円を売り上げ全体の68%を占める。アミューズメント施設事業は91億円(11.8%)、アミューズメント機器事業は133億円(17.3%)。


地域別売上高

カプコンの売上高770億円のうち、日本で544億円を売り上げ、全体の70.6%を占める。その他、北米で143億円(18.5%)、欧州で50億円(6.5%)。


おまけ:代表作の販売本数ランキング(単位:万本)

ソースURL

バイオハザード 7,200
モンスターハンター 3,800
ストリートファイター 3,800
ロックマン 3,100
デビル メイ クライ 1,500
デッドライジング 1,000
鬼武者 800
マーヴル VS. カプコン 700
逆転裁判 630
ロスト プラネット 600
ディノクライシス 440
魔界村 420
戦国BASARA 390
ブレス オブ ファイア 320
ファイナルファイト 320
ドラゴンズドグマ 300
1942 140
戦場の狼 120