【2016年2月期】東宝の事業と収益の内訳

東宝の2016年2月期の営業収入は2294億円、経常利益424億円。


子会社52社、関連会社12社を融資、映画事業、演劇事業、不動産事業などを展開。

各事業セグメントの概要は以下の通り。

映画事業

①劇場用映画の製作・配給

東宝映画などに委託して製作した映画や、国内の制作会社から配給業務を委託された映画、輸入した映画を、グループ企業を中心とする国内の興行会社に配給。

②映画の興行

TOHOシネマズなどが経営する映画館などで、さまざまな映画を上映。

③映像ソフトなどの製作・販売

ビデオソフトやテレビ映画などの映像ソフト、テーマパークの展示物、イベント、広告などに携わっている。

演劇事業

演劇の製作と興行を行い、東宝エージェンシーにて公園する演劇の入場券販売、東宝芸能にて芸能プロダクションの経営を行う。

不動産事業

①不動産の賃貸など

②道路の維持管理・清掃・補修

③不動産の保守・管理

その他

①物販・飲食業、娯楽施設などの運営

②その他会計業務のコンサルティング指導など


連結従業員数の内訳

3032人の連結従業員のうち、1367人(45%)が映画事業、1447人(48%)が不動産事業に従事し、この2つで9割以上を占める。演劇事業には102名が従事。


セグメント別の販売実績

全体の営業収益2294億円のうち、映画事業が1513億円を売り上げ、全体の66%ほどを占める。演劇事業はおよそ150億円(6.5%)、不動産事業は621億円(27%)をそれぞれ売り上げている。前年同期比で映画事業は13.9%、演劇事業は8%、不動産事業は5%の成長。