明治ホールディングスの事業セグメントと売上の内訳

事業セグメント

明治ホールディングスは子会社80社、関連会社16社を有するグループ。

事業セグメントは「食品」「医薬品」の2つ。あまり医薬品の印象はないな。


食品事業はさらに次のように区分される。

発酵デイリー事業

ヨーグルト、牛乳、飲料など

加工食品事業

チーズ、バター、マーガリン、クリーム、アイスクリーム、冷凍食品など

菓子事業

チョコレート、グミ、ガムなど

栄養事業

スポーツ栄養、粉ミルク、流動食、美容、一般用医薬品など

その他

海外、飼料、畜産品、砂糖、運送など


医薬品事業では、医療用医薬品の他、農薬、動物薬なども製造販売。

従業員数は食品セグメントに10805名、医薬品に5595名が従事。全社共通(56名)と合わせて16456名。


セグメント別の収益を見ると、食品事業の売上が1兆円、医薬品事業の売上が1645億円。医薬品事業の売上は13%ほどを占める。


セグメント利益で見ると、食品事業は682億円(87%)、医薬品事業は101億円(13%)ほど。売上・利益ともに同じようなバランス。


さらに詳細な情報。

牛乳・ヨーグルトなどを含む発酵デイリー事業の売上が4040億円(33%)、チーズやバターん、アイスクリームなどを含む加工食品事業が1624億円(13%)、菓子事業が1422億円(11%)、栄養事業が848億円(7%)、医薬品事業が1629億円(13%)、その他が2671億円(22%)となっている。