2015年度 静岡銀行の業績

静岡銀行は、昭和18年3月に静岡三十五銀行と遠州銀行が合併することで設立された地方銀行。

要点

・2015年度の経常収益は2236億円、経常利益は727億円

・銀行業を中心とし、リース業も展開

・従業員は連結で4123名

全体の業績推移

リーマンショックのあった2008年度には少し業績が落ち込んでいるが、2007年度から一貫して黒字を保っている。目立った成長も見られないが。経常収益は2500億円から2000億円の間で推移し、経常利益は2008年度を除くと500億円から800億円の間で推移している。

事業・組織の構造

子会社12社と関連会社3社から構成され、銀行業務を中心にリース、金融商品取引などのサービスを展開。

(静岡銀行 有価証券報告書より)

連結の従業員数は銀行業に3561人、リース業に71人、そのほかに491人。全体で4123人とのこと。

業種別貸出残高の状況

業種別の貸出残高を見ると、不動産・物品賃貸業が最も多く1兆3916億円、ついで製造業に1兆2731億円を貸し出している。

静岡県といえばヤマハ発動機などの製造業が盛んなので、うなずける結果のような気がする。それより不動産がでかいのは意外だけど。