マンション向けインターネットで急成長する「ブロードエンタープライズ」

マンション向けインターネットで急成長する「ブロードエンタープライズ」

IPO 関連資料

2021年12月、新規上場したブロードエンタープライズという企業がある。NTTの販売代理店から始まり、今はマンション向けの高速インターネットサービスを主力とする会社だ。

展開する「B-CUBIC」は売上を大きく伸ばし、2021年には年末までに23.3億円を計画。来年、再来年は営業体制の強化により事業をさらに拡大させる狙いだ。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)は、特に新しいビジネスではない。しかし、ネット回線を乗り換える人はいてもやめる人は少ないため、ストック性が高いのも特徴だ。

B-CUBICは、マンション入居者が無料でインターネットを利用でき、物件オーナーは物件の入居率を高められるというサービス。今回の記事では、ブロードエンタープライズのビジネスモデルや成長戦略について紐解く。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン