Apple社のバランスシートを見ていたら、ソフトバンク・ビジョン・ファンドどころじゃなかった件

Appleは1974年にスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックの二人によって設立されました。

1985年には創業者のスティーブ・ジョブズが追放。

1997年にジョブズが復帰すると、1998年にiMac、2001年にiPod、2003年にはiTunes Music Store、2007年にはiPhone、2010年にはiPadを発表。

2011年にスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったものの、その後もiPhoneの販売を中心に成長を続け、現在では世界最大となる時価総額8021億ドルの企業となりました。


以上がAppleの簡単な歴史ですが、今回はこれを決算数値から追ってみたいと思います。

今回はAppleのIRページにあった1992年以降の決算数値の変化をみてみたのですが、かなり面白いことが判明しました。

1992年以降の業績推移

まずは全体の損益推移を見てみましょう。

1992年から2004年までの売上高は50-110億ドルの間で、何度か営業赤字におちいるほど低迷していました。

そこから、2007年には売上158億ドル、営業利益44億ドルにまで回復。2011年には売上1082億ドル、営業利益337億ドルにまで急成長します。

2015年には売上高2337億ドル、営業利益712億ドルに達し、世界で最も収益性の高い企業の一つとなりました。

コスト構造はどう変わったか?

営業利益がマイナスになるような会社が、営業利益率30%前後を安定して残すような高収益企業に変わったのですから、そこには構造的な変化があるはずです。

Apple社の内的変化を知ることは難しいですが、決算数値からどのように変わったかを探ってみましょう。

まずはコスト構造の変化を追ってみます。こちらは、営業費用の対売上比率の内訳です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン