後払いサービスで成長の米Affirm決算:Shopify連携で顧客基盤を急拡大

後払いサービスで成長の米Affirm決算:Shopify連携で顧客基盤を急拡大

注目決算

米フィンテック企業の「Affirm Holdings」が5月10日、2021年1〜3月期決算を発表した。いわゆる「後払い(Buy Now, Pay Later)」サービスを提供する企業だ。

PayPalの創業メンバーのマックス・レブチン氏が2012年に設立。今年1月にナスダックへ上場し、今回は2度目の決算となる。

売上高は前年比66.8%増の2.3億ドル。調整後営業利益は490万ドルで、前年(7070万ドルの赤字)から黒字転換した。クレジットカードを持たないミレニアル・Z世代などから支持を集め、成長が続く。

今や至るところで聞くようになった「BNPL」ビジネス。アメリカの代表格であるAffirmの状況はどうなっているのか。直近の決算内容を整理していこう。

実質金利ゼロの取引がGMVの4割

Affirmの収益源は大きく2つある。1つ目が、「事業者ネットワーク(Merchant network)」だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン