スターバックス決算:中国は5000店舗体制に、米州の店舗改革も進む

スターバックス決算:中国は5000店舗体制に、米州の店舗改革も進む

注目決算

米カフェチェーン大手のスターバックスが4月27日、2021年1〜3月期決算を発表した。経済が正常化するにつれてカフェ利用客が戻り、業績は大きく回復した。

売上高は前年比11.2%増の66.7億ドル、営業利益は同2倍の9.9億ドル。ともにコロナ前を上回る水準まで拡大した。決算カンファレンスコールで、ケビン・ジョンソンCEOは「世界のどのブランドよりも良い立ち位置にいる」と自信をのぞかせた。

幅広いエリアで回復がみられるが、特に成長ドライバーと位置付ける中国事業の伸びが顕著だ。新規出店やモバイル対応を推し進め、顧客基盤の拡大が続く。

足元ではどのような戦略をとっているのだろうか。決算内容を軸に整理していこう。

中国の売上高は2.2倍に

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン