拼多多4Q決算:購入者数でアリババ超え、わずか5年で中国Eコマース最大に

拼多多4Q決算:購入者数でアリババ超え、わずか5年で中国Eコマース最大に

決算まとめ

中国のネット通販大手「拼多多(Pinduoduo)」が3月17日、2020年10〜12月期決算を発表した。快進撃が続いている。

売上高は前年比2.5倍の265億元(≒4450億円) 。これまでも大幅な増収傾向にあったが、伸びがさらに加速した。

営業損益は20億元(≒340億円)の赤字と、前年(21億元の赤字)からやや赤字幅が縮小した。

今回の決算で特筆すべきは、アクティブ購入者数で業界首位のアリババを上回ったこと。創業からわずか5年ほどで、購入者数では中国EC企業のトップに上り詰めた

その背景には、農業分野を重視してきた独自の戦略がある。売上高で業界首位のアリババ、2位のJD.comに先駆けて、手付かずだった農村地帯の顧客獲得を進めてきた。

直近の決算報告の内容をもとに、足元の動向と成長戦略について確認していこう。

アクティブ購入者数は7.88億人

破竹の勢いで成長を続けてきた拼多多。中でも目覚ましいのが、サービスを利用する購入者数の拡大だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン