コロナでGMV3.2倍:レストラン向けSaaS「Olo」が新規上場

コロナでGMV3.2倍:レストラン向けSaaS「Olo」が新規上場

IPO

レストラン向けのオンライン注文プラットフォームを手がける「Olo」が、ニューヨーク証券取引所に上場した。

コロナ禍で大打撃を受ける外食企業がこぞってデリバリー対応を進めるなか、業績を伸ばしている。

四半期の業績推移を見ると、コロナの感染拡大が本格化した2Q以降、売上高が大きく伸びていることがわかる。10〜12月期の売上高は前年比2.2倍の3054万ドルとなった。

ネット注文の受付を可能にするだけにとどまらず、複数の宅配業者からの注文を一括管理するソリューションなども提供。既存顧客によるアップセルも順調だ。

初代iPhoneが発売される前から、いずれモバイルシフトが訪れると信じて事業を展開してきたOlo。その創業ストーリーやビジネスモデルを整理していきたい。

CEOは元々ピザの配達員

Oloは2005年に設立された。創業者は現在までCEOを務めるノア・グラス。(Twitterの共同創業者ノア・グラスと同姓同名だが、別人)

彼のフードサービス業界での経験が始まったのは、今から20年以上も前の話。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン