MongoDB 2Q決算:減速懸念を押しのけ39%増収、総顧客2万社を突破

MongoDB 2Q決算:減速懸念を押しのけ39%増収、総顧客2万社を突破

決算まとめ 関連資料

データベースPFを提供するMongoDBが9月2日に発表した2020年5〜7月期決算は最終損益が6,453万ドルの赤字だった。

売上高は前年比39.2%増の1億3,828万ドル、営業損失は4,978万ドル(対売上比率-36.0%)に赤字が拡大した。赤字は続いているものの、引き続き成長率は高い。

前回決算発表時には前年比20%台の売上成長に鈍化すると予想していたが、40%近い伸びを維持した。株式報酬などを考慮したNon-GAAP営業損益も予想より小さく、ガイダンスを大きく上回る2Q決算となった。

新機能リリース続くDBaaS「Atlas」が66%増収で堅調

MongoDBの急成長を支えるのは2016年リリースのクラウドサービス「Atlas」だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン