ラクーンHD 1Q決算:急な追い風でEC流通額75%増、フィナンシャル事業も好調

ラクーンHD 1Q決算:急な追い風でEC流通額75%増、フィナンシャル事業も好調

決算まとめ 関連資料

BtoBのECプラットフォームなどを手がけるラクーンHDが9月3日に発表した2020年5〜7月期決算は最終損益が2億2,049万円の黒字だった。

売上高は10億8,422万円(前年比32.5%増)、営業利益は3億4,475万円(同48.0増)だった。Eコマースを中心に追い風が本格化する結果となった。

前回発表された今期の通期予想と比較すると、売上高は27.7%、営業損益は37.8~42.0%という進捗だ。

コロナ禍でEC事業は売上高が1.5倍に成長した。一方のフィナンシャル事業は、コロナ禍でも貸し倒れが通常の水準内に収まるなど、安定して収益基盤として機能した。

「システム利用料」を中心にEC売上1.5倍

ラクーンHDの事業は、EC事業とフィナンシャル事業の2つだ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン