Alphabet 2Q決算:広告不況で初の減収、リモート&インドが成長の柱に?

Alphabet 2Q決算:広告不況で初の減収、リモート&インドが成長の柱に?

決算まとめ

世界最大の検索エンジン「Google」を傘下に持つ持株会社、Alphabetが2020年2Q決算を発表しました。

4-6月における売上高は前年比1.7%減の382億9,700万ドル。営業利益は同じく63億8,300万ドル(同30.5%減)となり、2004年の上場以来初の減収減益に。

サンダー・ピチャイCEOは前回の決算発表時、事業の多角化について大きな自信を覗かせていました。しかし、足元のCOVID-19拡大は、Googleの売上にも大きなマイナス影響を与えたようです。

足元の状況がどのように推移したのか、決算報告の内容を整理しましょう。

本体広告は10%減、YouTubeにも影響

COVID-19感染拡大が本格化した3月中旬より、Googleは広告収益の急激な減速に直面しました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン