ヨガウェア「ルルレモン」1Q20決算:コロナでEC加速、店舗売上を超える

ヨガウェア「ルルレモン」1Q20決算:コロナでEC加速、店舗売上を超える

注目決算

ヨガウェアを中心に取り扱うスポーツアパレル企業「ルルレモン・アスレティカ(lululemon athletica inc.)」が1Q20決算を発表しました。

COVID-19の感染拡大により、多くのアパレル企業が苦戦を強いられています。スポーツ用品ブランドでトップのナイキ(Nike)も例外ではありません。

こうした環境下、ルルレモンはどのような状況にあるのでしょうか。まずは直近の業績概要を確認しましょう。

2020年1Qの売上高は6.5億ドル(前年比16.7%減)、営業利益は0.3億ドル(同74.6%減)となりました。大幅な減益です。

COVID-19感染拡大にともなう外出禁止や実店舗の一時閉鎖もあり、やはりルルレモンも業績へのインパクトは避けられなかったようです。

ただ、同じアパレル業界内で比較してみると、例えばGapは▲43.1%減収しており、ルルレモンの業績悪化は比較的軽微な方。そもそも黒字をキープできている時点で、かなりの健闘と言えそうです。

EC需要急増、店舗売上を超える

業績悪化が比較的軽く済んだ理由は、Eコマースが大幅に拡大したから。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。