既存店売上が前年比+7.9%もの拡大「くら寿司USA」が1Q決算を発表

既存店売上が前年比+7.9%もの拡大「くら寿司USA」が1Q決算を発表

決算まとめ

日本の回転寿司「くら寿司」の米国法人、「くら寿司USA(Kura Sushi USA)」が1Q決算を発表しました。この米国法人は2008年に設立され、2019年8月にナスダックへの新規上場を果たしています。

四半期売上高は1,744万ドルで、前年比+30%の増収となりました。一方で、営業損失も拡大しており、マイナス139万ドル。純損失も120万ドルほど出ていますが、概ね計画通りとのこと。

上場したタイミングでは、「マクドナルドやスターバックスのような1兆円企業を目指したい」と野心をのぞかせた「くら寿司USA」。上場から半年が経過したタイミングですが、足元の数値はどのように運んでいるでしょうか。

店舗数は毎年20%ずつ拡大へ

まず最初に確認したい事業の大枠は、「くら寿司USA」の店舗数の動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン