「Lyft」3Q決算まとめ:業績好調で2021年4QのEBITDA黒字化を宣言

「Lyft」3Q決算まとめ:業績好調で2021年4QのEBITDA黒字化を宣言

アメリカでライドシェアリングサービスを提供する「Lyft」3Q決算が発表されました。

四半期の売上は9.56億ドルで、前年同期から+63%の拡大。営業損失は▲4.9億ドルに拡大しました。

営業「損失」率は売上に対して51%と赤字幅は大きいものの、売上は急成長を続けています。業績好調により、2019年の業績見通しは上方修正しています。

企業・組織との連携を成長の軸に

それでは、Lyftの決算状況について一つずつ確認していきましょう。まずはサービス全体のKPIについて。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。