過去5年で急成長を遂げたコロプラ社の営業費用のうち、最も大きなものは何か?

今日はコロプラについてみていきます。

コロプラの歴史は意外と長く、2003年5月に代表の馬場功淳氏が個人でゲーム「コロニーな生活」を提供したのが始まりです。

2008年10月に会社設立すると、2009年6月にリアル連携サービス「コロカ」開始。2010年には各種鉄道会社、フェリー会社、航空会社、合計20社以上と提携、ゲームと連携した共同企画切符を発売。

2011年9月、フィーチャーフォン向けソーシャルゲームが繁栄を謳歌する中でスマートフォン向けアプリ開発を開始すると、2012年12月にマザーズ上場。

それでは、業績の推移をみていきましょう。

全体業績

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

広告費削減で再び黒字化!「コロプラ」2019年9月期2Q19決算

広告費削減で再び黒字化!「コロプラ」2019年9月期2Q19決算

注目企業

白猫プロジェクトなどのスマホゲームを提供する「コロプラ」(証券コード:3668)が決算を発表しました。

創業者三名の苗字の頭文字が由来!鎌倉本社のユニークなインターネット企業「カヤック」

今回は、「面白法人」として知られるユニークなインターネット企業、「カヤック」についてまとめてみたいと思います。