Salesforce共同CEOに就任したブレット・テイラーとは?

Salesforce共同CEOに就任したブレット・テイラーとは?

特集

Twitterのジャック・ドーシーがCEOを退任した。後任に選ばれたのはCTOを務めていたパラグ・アグラワル。2011年にエンジニアとしてTwitterに入社し、2017年にはCTO、ついにはCEOまでのぼりつめた。

あわせて発表されたのが、ブレット・テイラーの独立取締役会議長(Independent Board Chair)就任だ。テイラーは2016年に同社のボードメンバーに入った人物で、2015年にCEOに復帰したドーシー本人が連れてきた。

テイラーはかつてFacebook社のCTOを務め、その後は自ら起業してセールスフォース社に売却。直近ではセールスフォースのCOOとして創業者マーク・ベニオフの右腕を務めていたが、今度は同社の「共同CEO」にまで任命された。

セールスフォースはSaaS時代の重要企業だ。Twitterも現代社会において重要な存在であることは否定し難い。これら二社で要職を占めるブレット・テイラーとはどのような人物なのだろうか?今回の記事では、その経歴や人物像に迫る。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン