出資先のビヨンドミート株を売却し人口肉参入!食肉最大手「タイソン・フーズ」の変革

出資先のビヨンドミート株を売却し人口肉参入!食肉最大手「タイソン・フーズ」の変革

人工肉スタートアップが次々と立ち上がる中、注目したいのが従来の食肉メーカーの動向です。

1935年に創業したアメリカの食肉最大手「タイソン・フーズ」は2019年6月、人工肉市場への参入を表明。新ブランド「Raised & Rooted」を立ち上げました。

タイソン・フーズは世界各地で肉製品を販売し、2018年は401億ドルとブラジルの「JBS」に次ぐ売上規模を誇ります。

彼らがアメリカ最大の食肉メーカーに上り詰め、人口肉参入にいたるまでの変革をたどりたいと思います。

1935年創業、ファストフード普及で世界的企業に

タイソン・フーズの創業は1930年代までさかのぼります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事