ホテル業ながらメディカル事業でシナジーを狙う!「リゾートトラスト」の事業戦略

ホテル業ながらメディカル事業でシナジーを狙う!「リゾートトラスト」の事業戦略

ホテル業界特集の第7弾、今回は「リゾートトラスト」(証券番号:4681)を取り上げます。

同社の始まりは、現代表取締役会長の伊藤勝康が友人の伊藤與朗とともに設立した「宝塚エンタープライズ」。その後、1988年に事業の核となる「会員制高級ホテル」の第1号をオープンし、現在では国内外に50のホテルを運営しています。

売上は増加傾向で、2019年には過去最高となる1795億円になりました。営業利益は、2017年に一時減少したものの、2019年には189億円まで回復をみせ、売上同様、過去最高を記録しました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・会員権事業が全社営業利益のうち○%を占める
・ホテルレストラン事業は営業利益率○%に低下
・メディカル事業のシナジー効果は○○事業で顕著
・「○○」をキーワードに、2023年までに売上○億円アップを目指す

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン