いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

ニュース図解

2019年5月1日(水)、皇太子様が新天皇に即位して日本の元号が「平成」から「令和」へ変わりました。

元号変更イベントは30年ぶり。話題となった生前退位(譲位)は史上58回目だそうです。平成30年間を振り返ればキリがないほど様々な出来事がありました。

ところで、元号が変わるとなると対応しなければいけない事項がいくつかあります。

役所の取り扱う書類には元号が数多く使われています。カレンダーにも書いてありますね。そういえば硬貨や紙幣にも…。「令和」に書き換えなければいけないものはもう少しありそうです。

今回のエントリでは、元号が変わって直接的に影響を受ける業界について、いくつか簡単に市場規模などをチェックしたいと思います。

書類の「印刷」と「インク」、印字が変わる「通貨」や「情報サービス」で需要増加を見込む

冒頭で元号変更の影響を受けるサービスやモノを少しピックアップしましたが、分類すると大きく4つの業界に集約されます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

印刷ECから運送プラットフォーム『ハコベル』まで提供する「ラクスル」(証券コード:4384)が2019年7月期3Q決算を発表しました。(決算説明資料

ラクスルは3Q決算発表に先駆けて、通期業績予想を上方修正

クラウド堅調で営業利益率34% 「マイクロソフト」2019年6月期3Q決算

クラウド堅調で営業利益率34% 「マイクロソフト」2019年6月期3Q決算

時価総額で世界2位(2019年4月25日6時時点)の「マイクロソフト」(ティッカーシンボル:MSFT)が2019年6月期3Q決算を発表しました。