いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

トップニュース

2019年5月1日(水)、皇太子様が新天皇に即位して日本の元号が「平成」から「令和」へ変わりました。

元号変更イベントは30年ぶり。話題となった生前退位(譲位)は史上58回目だそうです。平成30年間を振り返ればキリがないほど様々な出来事がありました。

ところで、元号が変わるとなると対応しなければいけない事項がいくつかあります。

役所の取り扱う書類には元号が数多く使われています。カレンダーにも書いてありますね。そういえば硬貨や紙幣にも…。「令和」に書き換えなければいけないものはもう少しありそうです。

今回のエントリでは、元号が変わって直接的に影響を受ける業界について、いくつか簡単に市場規模などをチェックしたいと思います。

書類の「印刷」と「インク」、印字が変わる「通貨」や「情報サービス」で需要増加を見込む

冒頭で元号変更の影響を受けるサービスやモノを少しピックアップしましたが、分類すると大きく4つの業界に集約されます。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。