シャープを買収した「現代のチンギス・ハン」!鴻海帝国を築いた「テリー・ゴウ」の半生(後編)

シャープを買収した「現代のチンギス・ハン」!鴻海帝国を築いた「テリー・ゴウ」の半生(後編)

特集

前編の続き)

23歳の若さで台湾の小さな町工場「鴻海」を立ち上げたテリー・ゴウ氏。

創業メンバー2人がわずか1年で会社を去るという"ハードシングス"に直面しながらも、妻の実家から融資を受けてなんとか倒産の危機を切り抜けました。

再スタートを切った鴻海はここから急成長を遂げていきます。

自前の金型工場を建設して品質の安定化に成功

借金を返済した鴻海でしたが、受注量が増加していくと今度は「品質」に対する顧客からの不満が寄せられるようになります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

約4600億円調達!フォックスコン子会社「FII」が上海で過去3年最大のIPO

IPO

iPhoneの生産やシャープ買収などで知られる台湾のEMS企業「鴻海(ホンハイ)科技集団(英語名:Foxconn Technology Group」の子会社「Foxconn Industrial Internet Co Ltd(中国名:富士康工業互聯網)」(以下:FII)が6/8に上海証券取引所において新規株式公開を行いました。