王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

注目企業

今回は有名中華料理チェーンである「餃子の王将」「日高屋」「幸楽苑」の三つを比較して、どこが一番利益率が高いのか?を見ていこうと思います。

王将は近畿、日高屋と幸楽苑は関東まず各社の特徴です。「餃子の王将」は王将フードサービスが運営しており、主に近畿地域を中心に全国展開しています。「日高屋」はハイデイ日高が運営しており、出店地域は関東のみ。「幸楽苑」は幸楽苑ホールディングスが運営しており、関東を中心に全国展開しています。

売上トップは王将(781億円)

さっそく業績を比較していきましょう。

まずは気になる売上から。

売上は王将が1位で781億円売上では王将が1位で781億円となっています。日高屋と幸楽苑の売上を足して王将と同程度という規模感です。

日高屋のみ売上が5年連続で上昇

日高屋の売上成長率が3社で一番高く5年連続プラスとなっています。

続いて営業利益に目を移すと興味深い現状が見えてきました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・営業利益率が最も高いのは〇〇
・3社で唯一フランチャイズ割合が3割を超えているのは◯◯
・◯◯はドミナント戦略をとってコストを抑えている
・幸楽苑が赤字転落したのは◯◯の増加
・EV/FCF倍率が一番低いのは◯◯で21.9倍

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン