ゲーム事業だけじゃない!「Qiita」を買収する急成長のエイチームが展開する3つの事業領域

昨日、情報共有ツール「Qiita」を運営するインクリメンツ社がエイチームによって買収されることが発表されました。

エイチーム、プログラマ向け情報共有サービス「Qiita」提供元のIncrementsを約14億円で買収

エイチームといえばインターネットゲーム事業をメインで行なっている会社です。

そのエイチームが「Qiita」を買収するというのは意外だなーという印象を抱きましたが、そもそもエイチームがどんな会社なのかきちんと知りません。


業績推移を見ると、かなり大きく成長していることがわかります。

2011/7期の売上は40億円ほどでしたが、2017/7期には346億円と9倍近くに増加しています。

本エントリではエイチームの沿革をおさらいした上で、近年の事業数値をいろんな角度で掘り下げてみたいと思います。


エイチームの沿革

エイチームは1997年に岐阜県で始まった会社です。

当初は創業者・林高生氏の個人事業として、ソフトウエアの受託開発を行なっていました。

2000年に(有)エイチームとして法人化すると、 携帯電話向けコンテンツの受託開発を開始。

2003年には携帯電話向け公式サイトの運営を開始しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン