日本を代表する高級ホテル 外国人客の割合が49%にまで上昇した「帝国ホテル」

日本を代表する高級ホテル 外国人客の割合が49%にまで上昇した「帝国ホテル」

注目企業

今回はホテルオークラ、ニューオオタニとともにホテル御三家と呼ばれる「帝国ホテル」(証券コード:9708)についてまとめていきます。

2018年の通期売上は572億円(+2.2%)

帝国ホテルは1890年に渋沢栄一、益田孝、大倉喜八郎らにより日本の迎賓館として設立されました。日本で初めてブッフェレストランをオープンしたり、業界で初めてエレベーターを設置するなど日本のホテル業界を牽引し続けてきた企業です。日本に来る国賓や世界的なVIPも多く滞在しており、まさしく日本を代表する高級ホテルとなっています。

 創業から120年近く経っている帝国ホテルですが、ここ数年売上は緩やかに増加。2018年の通期売上は572億円、営業利益は47億円となっています。

営業利益率もここ数年上昇トレンド。2018年の営業利益率は8.2%となっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・帝国ホテル東京本社だけで売上◯◯億円
・レストラン売上と宴会売上が全体の◯◯%を占める
・営業CFは◯◯億円、FCFは◯◯億円
・訪日外国人旅行客の1人当たり旅行消費額は◯◯万円

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

注目企業

ホテル業界第11弾では、ホテルを運営している企業を主要KPI(稼働率や客室単価、インバウンド宿泊者比率など)で比較。仮説を交えながらその要因を探っていきます。

そもそも、各指標はホテル事業にとってどういった意味合いを持っているのでしょうか。

波に乗るホテル業界特集「後編」〜民泊とホテルは対立するのか?〜

波に乗るホテル業界特集「後編」〜民泊とホテルは対立するのか?〜

注目企業

ホテル業界第7弾は、波に乗るホテル業界特集「後編」です。

日本でも耳馴染み深くなり、読者さんの中には実際に民泊を利用した人も多いのではないでしょうか。今回はAirbnbの台頭によって市民権を得つつある民泊が、一体ホテル業界にどう影響するのかを見ていきます。

「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

注目企業

ホテル業界第5弾は、鉄道業界初の民泊事業に参戦した「京王電鉄」(証券コード:9008)です。今回は民泊事業を取り巻く環境を簡単に取り上げつつ、京王電鉄のホテル業の戦略に迫ります。

新宿以西を中心に多角的な事業展開する京王電鉄