2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

IPO

先週の金曜日、アメリカの配車サービス「Lyft」の上場申請書類がついに公開されました。

前身となったのは2007年に創業されたライドシェアリングサービス「Zimride」で、2012年にオンデマンド配車アプリ「Lyft」をスタート。

2010年にサービス開始した「Uber」からは少し遅れてのスタートでしたが、アメリカとカナダで大きく成長。

累計10億回以上の乗客を乗せてきたそうです。

業績をみると、2018年の売上は21.6億ドルに拡大。

営業損失は9.8億ドルと大きいものの、ものすごい勢いで成長してきたことが分かります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全16回)

2019年米国IPO

Ggeg tmh91t6pbvwgd teq
2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック
Ggeg tmh91t6pbvwgd teq

関連記事

「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

決算まとめ

世界各地でライドシェアを展開する「Uber」が2019年2Q決算を発表。競合「Lfyt」の事業数値とも比較しながら最新の状況を整理していきます。

さっそくUberでの配車やUber Eatsなどを含めた総取扱高(世界全体)を確認します。

ラストマイルを巡る争い!ブーム到来の「電動スクーター」スタートアップ世界地図

ラストマイルを巡る争い!ブーム到来の「電動スクーター」スタートアップ世界地図

スタートアップ

電動スクーターはいま、空前のブームに。スクーターというと小型オートバイをイメージするかもしれませんが、「e-scooter」はキックボードを指す言葉として用いられています。

Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

ライドシェア企業「Uber」(ティッカーシンボル:UBER)が2019年5月10日後、初の決算発表を迎えました。

まずはUberのプラットフォーム上における総取扱高(配車やUber Eatsなどの総利用額)を確認します。

「Lyft」「Roku」など10社!5/6(月)週の最新決算ダイジェスト(海外編)

「Lyft」「Roku」など10社!5/6(月)週の最新決算ダイジェスト(海外編)

5/6(月)以降にお届けした海外企業10社最新決算を各社スライド1枚でおさらいします。

Lfyt:上場後初の決算発表