2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

IPO

先週の金曜日、アメリカの配車サービス「Lyft」の上場申請書類がついに公開されました。

前身となったのは2007年に創業されたライドシェアリングサービス「Zimride」で、2012年にオンデマンド配車アプリ「Lyft」をスタート。

2010年にサービス開始した「Uber」からは少し遅れてのスタートでしたが、アメリカとカナダで大きく成長。

累計10億回以上の乗客を乗せてきたそうです。

業績をみると、2018年の売上は21.6億ドルに拡大。

営業損失は9.8億ドルと大きいものの、ものすごい勢いで成長してきたことが分かります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全16回)

2019年米国IPO

Ggeg tmh91t6pbvwgd teq
2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック
Ggeg tmh91t6pbvwgd teq