世界最大の半導体メーカー、Intel Corporationの事業数値をさかのぼる!

今回は「インテル入ってる」のCMで有名なIntel Corporationについて取り上げます。

Intelは1968年にフェアチャイルド・セミコンダクター社を退職したロバート・ノイスやゴードン・ムーアらにより設立されました。

社名の由来は「集積されたエレクトロニクス(Integrated Electronics)」で、創業された同じ年に「Intelco」という会社から社名を使う権利を購入しています。

当初はRAM(random access memory)などを開発していましたが、1971年に世界初のマイクロプロセッサー 「4004 マイクロプロセッサー」を発表。同年に株式上場を果たします。

1979年に初めてフォーチュン500企業に選出され、1991年より有名な「Intel Inside(インテル入ってる)」ロゴを使い始めます。

1992年にはリサーチファーム「Dataquest」によって世界最大の半導体メーカーとして認められると、現在に至るまで25年連続で売上世界一をキープしています。

また、2006年にはマッキントッシュにもIntelのマイクロプロセッサーが搭載されるようになったほか、2010年にはセキュリティソフトを開発するマカフィーを買収しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

「最高に嫌なヤツ」のおかげ!?「シリコンバレー」はどのようにして始まったのか

スタートアップ

日本でも「スタートアップ」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、当然ながら「新しい中小企業」という存在自体は昔からありました。(どんな企業も最初はそうです)

それではなぜ近年「スタートアップ」という名前が定着したのか。