子供向け写真館からフォトブックECへ!少子化の中で成長を目指す「スタジオアリス」

今回は、写真スタジオを展開する「スタジオアリス」について改めてまとめたいと思います。

スタジオアリスの前身は日峰写真工芸という会社で、1974年に設立されました。

当時はフィルムの現像、プリント、引き延ばしなどを展開。

1992年に「こども写真城」というこども写真に特化した写真館をオープンし、2004年には東証1部に上場。

2018年時点では500店舗を超え、都市部を中心に全国に店舗展開する写真スタジオに成長しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

少子化にも関わらず市場が拡大!高価格化が進む「ランドセル」市場まとめ

少子化にも関わらず市場が拡大!高価格化が進む「ランドセル」市場まとめ

ニュース図解

世間は新元号の決定で盛り上がっていますが、4月は入学シーズンでもあります。この季節は真新しいランドセルを背負った新入生の姿をイメージする方も多いかもしれません。

しかし少子化が進むにつれ、小学校へ入学するピカピカの1年生は減少の一途をたどっています。

マーケットプレイスなのにCEO自ら10万枚も撮影!BuzzFeedも利用する「シャッターストック」

写真などデジタル素材のマーケットプレイスを提供している「シャッターストック」について見ていきたいと思います。

ざっくり言うと、アメリカ版「ピクスタ」のようなサービスです。