世界最大のクラウド型CRMを提供するセールスフォースのコスト構造は上場前後でどのように変わってきたか?

今回取り上げるのは、世界最大のクラウド型CRM(顧客管理)を提供するセールスフォース(Salesforce.com)です。

始まりは1999年、企業向けソフトウェア企業オラクルの幹部だったマーク・ベニオフ氏が設立し、2004年6月にはニューヨーク証券取引所に上場しています。

セールスフォースはいわゆる「SaaS(Softweare as a Service)」型のクラウドサービスとしては先駆けと言ってよく、企業向けサブスクリプション(定期課金)モデルの中でも最も参考にすべき企業の一つと言えます。

まずは損益の推移を見てみます。

売上高はかなり綺麗な成長を見せ、2017年1月期には83.9億ドルにまで達しています。

一方、利益率は今のところ10%を超えるようなことはなく、2012年1月期からの4年間は営業赤字となっています。


収益の内訳

次に、収益内訳の推移をみます。まずはサービス別です。

これは3年分しか追えませんでしたが、直近だと「Sales Cloud」が30億ドル、「Service Cloud」が23億ドル、「Salesforce Platform and Other」が14億ドル、「Marketing Cloud」が9.3億ドルの収益をあげています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

キレイな売上成長を続ける「セールスフォース」の事業数値をカテゴリごとにビジュアライズ

今回は、アメリカのインターネット企業「セールスフォース」の2019/1期Q1決算が発表されたので、売上データについてまとめてみたいと思います。