JR東日本のファクトシートをビジュアライズ

JR東日本のファクトシートがなかなか興味深いのでサクッとビジュアライズしてみます。


このエントリでは、次の点についてビジュアライズしていきます。

・JR東日本の売上構成はどうなっているか?

・JR東日本の鉄道事業における営業費用の内訳は?

・新幹線や在来線、定期券やそれ以外の輸送量、収益の内訳は?


連結収益の内訳

まずは連結収益の内訳です。

鉄道などの運輸業がもっとも大きく、2兆円近く収益をあげています。

駅ナカのスペース活用事業は3996億円、アトレなどのショッピング・オフィス事業は2676億円。

全体的に増加基調になっています。

単体営業費用

続いて、JR東日本単体での営業費用の内訳です。

人件費が4621億円ともっとも大きなコストとなっています。

修繕費が2879億円、減価償却費も2938億円とこちらも大きなコスト。

鉄道輸送量

続いて、鉄道輸送量です。「輸送人キロ」という単位があり、運んだ旅客数(人)にそれぞれの乗車した距離(キロ)を乗じたものの累積を表すそうです(参考)。

在来線(定期)がもっとも大きく、在来線(定期外)がそれに続きます。

新幹線(定期外)が3番目で、新幹線(定期)はもっとも小さくなっています。

鉄道運輸収入

それぞれの輸送形態における運輸収入です。

収益としてもっとも大きいのは在来線(定期外)で、7572億円の売上をあげています。

続いて新幹線(定期外)が5605億円、在来線(定期)が4745億円。

新幹線(定期)はやはりもっとも小さいですが、それでも238億円の売上があります。