国内OTAだけでなくオフショアやインバウンドなど多様な事業を展開するエボラブルアジア

今回はエボラブルアジアについて調べます。


2007年に「旅キャピタル」として設立され、(株)アイ・ブイ・ティから「e航空券.com」の事業を取得。

また、同年に航空券販売サイト「エアーズゲート」を運営する(株)Valcomを完全子会社化。

2008年には旅ウェブ(株)より海外ホテル販売サイト「旅WEB」を取得。

2009年には航空券の卸売りなどを展開していた(株)アイ・ブイ・ティを完全子会社化したほか、パラダイムシフトより海外航空券販売サイト「CAS Tour」を取得。

2011年にはワンストップで複数の商材を提供できる統一ブランド「TRIP STAR」の提供を開始。

2012年にはソルテックグループとの合弁により「Evolable Asia Co., LTD.」をベトナム・ホーチミンに設立し、ITオフショア事業を開始。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

DeNAトラベルの買収で国内2位のオンライン旅行会社へ!「エボラブルアジア」2018/9上半期決算

今回は、国内の大手OTA(オンライン旅行会社)の一角であるエボラブルアジアの2018年9月期上半期決算について見ていきたいと思います。